2006年 11月 23日 ( 1 )

第32節 C大阪×名古屋

昼は祭日なのに出勤だったので家で試合の録画を観る。審判はなんとカッシー。前回に引き続きなにか嵐が吹き荒れそうな予感が・・・

1点西澤に取られた後、前半のうちに渡辺が退場となる。特に1枚目の時は山田が無理に突っ込んだ感じだったし、どーなのって感じですが。

どちらかと攻めるのはC大阪側。楢崎のファインセーブがなかったら負けていたかも。一方名古屋は浦和戦の時のようにヨンセンが杉本からのクロスにうまく合わせ一点をもぎとる。

後半ではかなり引き気味になりC大阪に攻められるも、単調な攻めでC大阪は決定力を欠き、DF陣の頑張りも光り、なんとかドローで終わる。

青山はリーグ戦初出場だったね。右サイドからあげたクロスは大きくなっちゃったけど。後半は慶、津田、青山とユース出身者が揃い踏みでちょっと嬉しかったりして。

それにしても中盤の収まりのなさに4人の欠場はさすがに大きかったなという印象が。そして次節はヨンセンがサスペンションで出られないし・・・アジア大会を控えたU-21の何人かが出発を26日に遅らせたので、本田は出られるのかな?FWがどうなるのか激しく気になるけど。もしもあの手を怪我したセカンドGKがFWとして出場したら、忘れられないホーム最終戦になりそうだ・・・

福岡戦は古賀兄弟対決と中村北斗が楽しみだったのにどっちも見れそうにないな。本田のランクル賞受賞はビデオレターでなく、その場で見られるのはいいけど。そういえば去年の今頃某J1チームのDFがランクル盗まれたことがニュースになったし、盗難にはくれぐれも注意してね~
[PR]
by chloe7513 | 2006-11-23 21:58 | Nagoya-Grampus