2006年 06月 27日 ( 1 )

祭りの後で

W杯も決勝Tに入り、深夜と早朝にやる試合を全て夜にまとめて観ることにしているため、試合を観終わるまではTVやネットをできるだけ観ない様にしている(プチ浦島状態か)。それでもなんとはなしに目に入ってしまう情報もある。

それはジェフ千葉の監督オシムが日本代表の次期監督になるかもしれないという話。そして帰国した川渕キャプテンが不意に口にしたと言う。はっきりTVでの会見では観てないが、正式な決定もないままに彼が口にしたことにより、波紋が広がっているようだ。もちろんジェフのサポーターにしてみれば冗談じゃないという気分だろう。

自分が最初に目にしたニュースはこうした失言騒動の前のものだった。ただそのニュースを目にしたとき、ただ単純にオシムが日本代表の監督になったとしたら、以前は冷ややかな目でみていた代表の試合を、強い思い入れをもって見ることができるようになるかもしれないとふと思った。

ピクシーはじめ、当時の旧ユーゴの選手に強い影響を与え、今でもその知名度、影響力は計り知れない。そして近年のジェフの躍進はオシム抜きには語れない。オシムの功績を知らない若い選手達からも絶大な信頼を寄せられている。

もちろん彼が代表の監督に就任したとしたら、代表の選手達はおそらくジェフの選手達と同じように彼の存在の大きさに気づくに違いない。そして代表で培った経験を元に、選手としてもっと向上したいと改めて思うのではないか。

今まで雑誌のインタビューや彼の足跡を描いた書籍を読むにつけ、金や地位だけでは絶対に動かない人だと思う。もし彼が日本代表の監督を引き受けるとしたらそれは日本のサッカーの向上を願ってのことだと想像する。J1はおろかJ2のほとんどの選手を知っているのだという彼だから、世界を相手にした時どうしたら互角に戦えるようになるかそのために日本人選手に何が必要なのか本気で考えているのではないか。しかしそれと同時にジェフがどうすれば優勝できるかということももちろん考えている筈でもある。

何につけてもまだ答えはでていないのだからあれこれ考えてもきりはないのだけど。1ヶ月たったら全然違う人物が代表監督の就任会見をしている可能性も考えられる訳だから。
[PR]
by chloe7513 | 2006-06-27 00:08 | football