人気ブログランキング |

2006年 05月 06日 ( 2 )

第12節 磐田×名古屋

キックオフの開始時間名古屋は曇りだったけどエコパのある袋井は晴れていた。

今回も古賀がFW。前半は古賀がFWだったことに対する違和感がだんだん薄れていくが、磐田にとっては戸惑いも多かったように見えた。

驚いたことに楢崎のパントキックがそのまま前線に貼ってた山口に入り、相手DFと競って川口も飛び出したこともありゴール。あっけないゴールだったけど得点は得点。前半はよい感じじで名古屋が優勢で攻めることができたと思う。

磐田も反撃するが楢崎の好セーブでなんとか防ぐ。一回手ではじいてもう一度シュートを打たれても次は足で防いでいた。ただ後半に得点された時、もうちょっと増川がうまく防いでくれんものかと思ったんだけど・・・

後半はサイドから崩すというよりロングボールで前に放ってオフサイドというのが多かった。そのためなんとなく攻撃が単調な感じに。玉田もほとんどサイドアタッカーだったけどなんとなく持ちすぎてうまくいかなかった印象だった。ほんとならもっと本田が前にいて玉田とうまく絡めればいいのだけど後半は本田はSBだったようで大田のケアであまる上がれなかった。杉本が入ったところで4-3-3だったのかな?前田に得点され逆転されてしまう。また徐々に得点が入らない空気が漂い始めて・・・

本田のFKがなかったら同点に追いつかなかったでしょうな。あれはほんとに素晴らしいFKだった。よいFKが蹴ることができるチームってそれだけでアドバンテージがあると思う。今度はああいうのを瑞穂か豊スタで見せて欲しいもんだ。

あと鴨川と藤田の投入は遅かった。そしてFKのやり直しがなくてと玉田のループが決まってたらなぁ・・・

ということでやはり監督のやりたいサッカーをするには監督の希望する選手の補強がなくてはだめだという課題を背負って中断期に突入するのだなぁ。頼みますわ、フロントさん。
by chloe7513 | 2006-05-06 22:55 | Nagoya-Grampus

第11節 名古屋×横浜FM

この日はチケットの売れ行きがよかったせいか開場前にもかかわらずスタジアム前には長蛇の列。スタの中に入ると現在のグラの中で一番美形だと思ってる青山隼がマッチデーを渡してくれた。

試合になると横浜にあまり勢いは感じられず、グラも積極的にプレスをかける。その中で誰もが驚いたのは古賀のFW起用。電柱は君に任せたと言わんばかりだ。本職がDFだけに個人技で突破とかボールキープなどはそれほど重要視してないことは確か。中沢には競り負けてはいなかったし。付け加え山口慶のトップ下起用。彼の運動量の豊富さと粘り強さがようやくセフに認められたってとこかな。ただ玉田との連携には疑問が残ったけど。

横浜は頼みの綱の久保になかなかボールが入らない時折サイドから足の速い清水が顔を出していていたけどグラの攻撃が上回っていたように思う。でも最近の試合はいつもそうだけど攻撃がやはり左に傾いてる。前半の終わりがけ、本田が基点となり山口が流したボールに古賀が反応し、ゴールするが惜しくもオフサイド。

後半になっても両チーム得点の気配が感じられず、膠着してるように思えた。そんな中で金が積極的に前線に顔を出す。相手DFを簡単にひらひらかわすけど上手いんだな、これが。本田があまり前に出てこなかったのは残念。左の前線に玉田がいたからなんだけど。

惜しかったのは前線に飛び出してきた山口がPKをとってもらえずシュミレーションになってカードをもらってしまったこと。カードもらうほどあくどい感じはしなかったのにな。

そうこうしているうちに攻撃の流れが横浜に傾き、マグロンに決められてしまう。調子の悪そうな横浜に得点されたのはショックだった。ただこの後に玉田に代わって入った鴨川がFKを得、そこから本田のFKが古賀の頭に入って同点に追いつく。これで流れはグラに!とも思ったけど時おそしで結局引き分けに終わる。

個人的に電柱さんに当てるサッカーより早いパス回しのサッカーが好きだけど意思統一するにはターゲットをはっきり決めたほうが良かったみたい。でもこのやり方って所詮急場しのぎだったし、古賀も「俺はこれからFWだぜ~」なんて思ってもないだろうし。

磐田戦のフォーメーションは果たしてどうなる?
by chloe7513 | 2006-05-06 01:10 | Nagoya-Grampus