最後のハイバリー

プレミアリーグ最終節、ようやくアーセナルがCL圏内の4位に手が届いた。今シーズンけしてリーグ戦で思うような結果を出せなかったアーセナルが最後の最後に意地を見せてくれた。苦手なプレースタイルのウィガンに対してアンリはハットトリックをやってのけた。

そして悲しいかなこの日がハイバリーにとっての最後の試合の日であった。ベルカンプデーでもまオレンジになったとは言いがたかった観客席もこの日ばかりはアウェイの席を除いてきれいに赤と白に彩られた。

プレミアではセリエAや一部の熱狂的なサポーターを抱えるJリーグのクラブのようにマスゲームや断幕はほとんどない。逆にそういう大げさなところがないから好きなんだけど、この日のハイバリーはサポーターの、このスタジアムに対する畏敬の念がこの赤と白にこめられていたように思う。

たかだがアーセナルのサッカーをちゃんと見始めて3年くらいなのにハイバリーに一度も足を踏み入れなかったことがとても悔しい。

好きなチームが海の向こうだと瑞穂に自転車で行くのとは訳が違う。でも自分の好きなチームに憧れを持ち、一方地元のさえないチーム(?)をサポートするのもそれはそれで醍醐味があったりするものでもある。

でもサッカーライフがTVとネットと雑誌だけの海外サッカーが好きな人は私財をなげうっても好きなチームのスタジアムには絶対足を運ぶようにと私は言いたい。

サッカーは生観戦してなんぼのもんだから。
だからハイバリーで観戦できなかったのはとても悔しい。

しかしながらハイバリーは終わってもアーセナルは続く。新スタジアムでの観戦がいつか叶いますように。
c0071983_22294274.jpg
[PR]
by chloe7513 | 2006-05-08 22:32 | Arsenal