人気ブログランキング |

WY 決勝トーナメント モロッコ×日本

はぁ~なんだかな。今回はグラの本田がU20に入れてそこそこ楽しみにしていたのに蓋を開ければこの世代のふがいなさを感じるばかりだった。それは最初壮行試合のチリ戦を観たときから結局払拭されなかった。

モロッコ戦は確かに予選よりもカレンなど積極的だったし、左右のバランスもよかったし、平山へのクロスも入っていたし。でも結局最後まで諦めなかったモロッコが勝った。それだけ勝利への欲求がモロッコの方が上回っていたということ。

今までさんざ書いてきたけど個の勝利への欲求、強い闘争心というのを足りないU20だったけど、それを養うのは実戦でしかない。高校でも大学でも試合はあるけれど、レベルの高い選手と闘えるのは自国のプロリーグしかない訳で。今このチームできちんとレギュラーといえる選手はそれほどいない。それぞれ頭角は表わしているとは思うけど。

たらればを言えば無理があるけれどもし、本田がこのチームで学年が今よりひとつ上でJでの経験があと1年多くあったら全く違うチーム、違うサッカーになっていた可能性もある。

終わりはまたひとつ始まり。特にJリーグのチームに所属している選手はレギュラーを掴み、その世代を代表する選手に育ってもらいたいもんである。水野や家長、水本はもっと伸びるだろうし。大学生選手は正直わかんない。伸びることもあるだろうし、潰れるかもしれないし。ま、その辺のフォローは偉い人達がいろいろ考えてるんでしょうなぁ、きっと。
by chloe7513 | 2005-06-22 22:06 | football