アニメは今動画サイトで観てますが
漫画にはないキャラクターや展開がありますね~
まぁ原作通りに放送すると
連載に追いついてしまうという事情があったと思うんですが。
当時アニメしか観てなかった人には違和感なかったと思うけど
漫画読んでからアニメ観た人には違和感あったかもね。
あと聖矢たちの聖衣も十二宮編までヘルメットだったし;

今アスガルド編まで観たんだけど
アニメスタッフさん頑張ったと思います。
各神闘士の身の上話はちょっと長いなと感じるけど・・・
しかも神闘士やたらと強いし(^^;
ヒュプノスとタナトスくらい強いんじゃ;

まぁ敵キャラでもいろいろ背負っているものがあるという
敵も完全な悪役ではないという配慮なんでしょうかね。
シドとバドはリンかけの剣崎と総帥がモデルなのかしら??
フェンリルは状況は違うけど、パンドラ様の実家と同様な不幸っぷりでしたね;

聖矢は声優さんも魅力で
私の好きなアイオリア、ムウ、ミロも声優がいいですね。
アイオリア役の田中秀幸さんの温かみのある男性らしい声、よいです。
ムウは冥王ハーデス編で塩沢兼人さんから山崎たくみさんに変わってるけど
ほとんど声質が同じで、遜色ないのがすごいところ。
ミロも変わってるけど、池田秀一さんも関俊彦さんも声がセクシーでキャラに合ってる。
関さんって昔「YAWARA!」の松田さんやってましたね。
どうでもいいけどテレビアニメをリアルタイムで毎週観る様にしてたのは
「YAWARA!」が最後だったように思う(^^;
あの時はもっと熱血キャラだったのでミロのセクシーボイスにびっくり。
シャカは今オネエキャラでブレイクの三ツ矢雄二さんですな。
ノリノリでシャカ演じてるって感じがする。
サガ/カノンの置鮎さんはリンかけの剣崎の声だった方、
オルフェは河井やってた神谷浩史さん!
ジュデッカにハーデスを倒しに行くシーンの前半はほとんど神谷さんの一人芝居でしたね~
このお2人方の声、気に入ってます。
声優オタクではないだけどね;
パンドラ役の坂本真綾さんは私の好きなキリンジに最近加入した
ベーシストの千ヶ崎学さんが彼女のライブに参加してるので、お名前はよく拝見してました。
すごーく声の綺麗な人だなぁって思います。
パンドラ様の冷酷さがすごく出てましたね。

冥王ハーデスの十二宮編から冥界編で
聖矢達の声優が変更になった際はかなり波紋があったとか。
ずっとリアルタイムでずっと観てきた人にはやはりショックだったのかなぁと。
瞬の声がものすごい高くなったのはびっくりでしたが、
まだ20代の声優さんなんですね~

あと聖矢は音楽もいいですね。
かなりクオリティ高いと思う。
「ブレードランナー」のヴァンゲリスっぽい感じの曲もありますね。
テレビアニメは大きな作画崩れもなく、海外で受けたのも
こういったクオリティの高さもあるんじゃないかと思います。
制作費もそれなりにしたと思うけど、あの時代バブルだったしね(笑)
今「聖闘士聖矢Ω」ってやってるけど
キャラデザインが荒木・姫野コンビじゃないのですねぇ。
古谷さんが再度聖矢の声やってますね。
荒木伸吾さんはすでに2011年にお亡くなりになったようで・・・
リンかけの続編が作られないのはその辺りが原因なのかなぁ?
Ωが他の人がキャラデザなのもそのためなのかしらん。
90年代聖矢の女性人気を押し上げたのは
このお2人方の力もあったのだろうなぁと改めて思う次第です。
もちろん原作あってのアニメ、ですが。
あ、でもNDもそのうち借りるつもり。


ついでに・・・
実写?にするならこんな人にこんな役。
ミロ・・・三浦春馬(ミロは日本人じゃないけど三浦くんならロン毛ヅラも似合いそう、セクシーに。)
アイオリア・・・マイケル・ファスベンダー(まぁ、個人的な趣味っす)
シュラ・・・綾野剛(シュラも日本人じゃなけど、切れ長の目の綾野さんにシュラの格好似合いそうなので)
カミュ・・・中川勝彦(Ωでアテナの声やってる中川翔子さんの今は亡きパパ。クールな感じで。)
アフロディーテ・・・ビヨルン・アンドレセン(言わずと知れた「ベニスに死す」の美少年ね)
春麗・・・チャン・ツィーイー(「初恋のきた道」の頃の彼女で)

ついでにムウは壇蜜さんに(爆)
OVAの冥王ハーデス編のムウ見てると何故か彼女を思い出す(^^;
女性なので役っていうかコスプレ姿観てみたい(笑)
艶やかに優雅に微笑んでほしいっすね~

c0071983_2228170.jpg

[PR]
# by chloe7513 | 2013-08-19 22:29 | etc.

6月にスカパーのチューナーをアナログ用からデジタル用にしてもらったんだが
その時スカパーのサービスで1週間全チャンネルが無料視聴できたんだけど
その時偶然アニマックスで聖闘士聖矢をやってて、つい観てしまった。

車田漫画はリンかけとリンかけ2で止めとこうと思ったんだけど、
レンタルで聖闘士聖矢をつい全巻借りてしまい、
案の定のめり込んでしまいました(^^;
アニメも某動画サイトで観てる。
テレビアニメはまだ途中だけど、冥王ハーデス編は全部観てしまった。

前にも書いたけど、兄が中学生になってからずっとジャンプを購読しており、
兄が車田漫画が好きだだったので、
リンかけ以降の車田漫画の全コミックスが実家にあったんだけど
聖闘士聖矢の連載が始まってほどなく、
兄が東京の学校に進学のため実家を出たので
それ以降ジャンプを読むことがなくなってしまった。
リアルタイムで聖闘士聖矢を読んだのはのは銀河戦争の初めの部分までだったような。

この後、聖闘士聖矢はテレビアニメになるけれど、
当時長野の山岳地帯に住んでいたため、
長野県のネット局だったテレビ信州が私の実家では映らなかったので
アニメを観ることもなかった(ちなみに今では実家でもテレビ信州映ります)。
ただアニメが観れた地域に住んでる友達が聖矢とその同人誌にはまってたみたいで、
夏休みに何人かでコミケのやってる幕張メッセに一度だけ行ったことがある。
私が買ったのはアニメの本じゃなく、ミュージシャンの同人誌だったけど(笑)

実際コミックを読むともうこれ、作画がすごいっすね。
リンかけはキャラがTシャツに短パンとか学生服というシンプルな格好だったのに
聖矢はゴージャスな聖衣でしょ~
当時のアシスタントさん達大変だったろうなと。
でも連載終わって20年以上経っても古臭さを全く感じない。
聖矢の頃は車田先生の絵も安定しているので、人気が高かったのはうなづけるなぁ。

で、やっぱり私が好きなのはご多分に漏れず黄金聖闘士です(^^;
十二宮編と冥王ハーデス編の前半と嘆きの壁の突破シーンが特に好き。
アイオリアが聖矢を討伐しに日本に行って
真実を知るところも好きだな。
老師が18歳の肉体に生まれ変わるシーンもなんだか好きです。
あれはびっくりですわ;
黄金聖闘士で特に好きなのはムウ、アイオリア、ミロです。
冥界に行く前にこの3人がラダマンティスにやられるのが切ない;
冥界でも活躍して欲しかった・・・ってファンなら皆様そう思ってるのかしら??
アニメではラダマンティスとの戦いとコキュートスでの復活は
ファンに配慮した演出になっていたましたけどね。

アイオリアは車田先生の描くキャラの中で1、2を争う男前キャラだと思ってます。
漫画もアニメもどちらもカッコいいですね。
ムウはまろ眉という斬新なキャラデザインだけど、理知的なのがいい。
超能力が使えたり、技がおしゃれ?なのもいいですね。
ミロはアニメで好きになったな。特に冥界ハーデス編。
原作だと髪と眉が白?なんだけど、アニメでは色がついて
声優さんのセクシーな声も相俟って気に入ってしまった。

漫画はジャンプ連載時、人気が下降して
冥王ハーデス編が全部終わらないうちに打ち切りになってしまったとかで
一体どこで終わったのですかねぇ?気になる。

レンタルで借りたのは完全版でした。
連載時のカラーページが再現されているし、
カラーピンナップも付いてる。
新品はもうないみたいだけど、また中古で全巻買っちゃおうかな(^^;

c0071983_170598.jpg

[PR]
# by chloe7513 | 2013-08-17 17:12 | etc.

リンかけまとめ

そんな訳でファミ劇で3月20日に「リンかけ」を観てからというもの
ずっぽりハマッてしまい、アニメの動画も全部観てしまいました。
一度子供の頃に原作読んでるけど、忘れている部分多かったです。
原作読んだ時って私、日本Jr.さん達より年下だったんだなぁ・・・

まず「日米決戦編」をTVで全部観なかったのでその続きから動画サイトで
「影道編」→「世界大会編」→「都大会+チャンピオンカーニバル編」という順番観た。

「日米決戦編」は石松と河井くんが苦戦してて
かわいそうだった;
ミズシャネルってオカマなんだよね?声は女性の声優さんでしたが。
一番謎なのがMrホワイティ。
女子に囲まれてえらい人気者?みたいだけど本物のボクサーじゃないんだよね?
何屋さんなのかよくわからず・・・
原作ではKKKの初代グランド・ウィザード(ボス)と同じ姓で、
その人物の子孫という設定らしいですが。
ブラック・シャフトは実力もあるし、目立ちたがりのお茶目さんで
ビッグマウスなんだけど個人的には憎めないキャラでした。

「影道編」はキャラデザが前と変わり
特に竜児くんの顔立ちが原作から結構かけ離れてた;
まぁ総帥のアップが顔がけっこう可愛かったので許す(笑)
「影道の塔」の戦いはジャッキー・チェンやブルース・リーの映画にありそうな感じ。
カイザーナックルもこの編で初登場だったのねぇ。
影道軍団との試合も万博公園で行うってのも斬新なアイディア。
何年か前グラとG大阪の試合を万博記念競技場に観に行ったけど、
あそこがモデルって訳でなく、架空の競技場でしたが。
そして竜児に太陽の塔に思いっきりぶつけられる総帥(涙)
んで影道の皆さんたち、普段はどうやって暮らしてるか謎・・・
なんて子供の頃は思わなかったことをつい思ってしまう(苦笑)
剣崎家の用心棒とか?
総帥は剣崎と双子なので中学生のはずだけど学校には行ってなさそう(笑)

次に「世界大会編」。
6話でまとめてるのかけっこう駆け足な感じだったけど
スコルピオンやヘルガ、ナポレオンは魅力的なキャラですね。
ナポレオンはもろベルばらのオスカルだし。
彼らも学生の年齢なんだろうけど、学校行ってなさそう。
きっと彼らは特権階級なんでしょうね。
ナポレオンはバロア王朝の末裔って設定だし。
ヘルガは頭いいので、大学を飛び級で卒業してそう。

ギリシャ代表はもっとも謎で、もうルックスが全然ギリシャ人じゃないし(爆)
そう言えばユーロ2012観た時、実況アナがギリシャ代表の選手の名前は
みんな哲学者のようですねって言ってたの思い出す。
リンかけのギリシャ代表は神様の化身というか超人扱いで別次元の人間なんですね。
ま、結局はリンかけの戦うキャラは全員超人ですけどね(笑)

ギリシャ戦の最後の剣崎のセリフには痺れたな~。
まさしくツンデレ愛って感じですねぇ。
いつの間に菊ちゃんのことそんなに好きになってたんだ!?って感じ。
あまり恋愛の描写ないので。
剣崎って一見冷たくて嫌なやつかと思うけど結構熱くて情にもろいんだよね~
今更ながら剣崎、いいやつって思う。

さて最初の「都大会+チャンピオンカーニバル編」。
まだ日本Jr.結成前だけど、石松がいい味出してる。
チャンピオン~の時、千葉代表なのに
誰も同伴者がいなくて、竜児たちにずっとくっついる。
その辺りの事情、原作に描いてあるのかな?
声優さんも合ってますね。「スラムダンク」の花道役の人のようですが。
志那虎は京都の人なのに、なぜか関西弁じゃないなんだな(笑)
他の県代表の方々は方言で喋ってたのにね。
河井くんに至ってはこの編では相当嫌な男で、
魔女のようなお姉さん共々かなりムカムカしながら観てました~
他のどのキャラより一番ムカつくキャラでしたが
竜児に負けて素直なキャラになるんですねぇ。
他の編ではソフトな美少年キャラになんだけど、
阿修羅編でまたダークなキャラに戻るということか(苦笑)
あと河井くんの声優さんの声、いいですね。
普通にナレーションとかで聞いてみたいなと思った。

で、続きの「ギリシア十二神編」、「阿修羅編」、
「世界タイトルマッチ編」はアニメ化しないのかな?
「ギリシア十二神編」はパチンコになってるようですが。
欲を言えばもっとアニメで総帥が見たい・・・
パチンコが儲かれば作ってくれるのか??
Youtubeでアニメの主題歌に
各編のマンガのシーンを合わせた映像があったっけ。
あれいいね。

で、あと「リングにかけろ2」。
アマゾンのカスタマーレビューで駄作であると辛口な人と
これはこれで良しとする人がいてやはり賛否両論で;
ただ単純にどういう話か読みたいけど。
息子たちのキャラどういう感じなのかや
河井や総帥のその後が気になるなぁ(^^;

映画でボクシングといえばラッセ・ハルストレムの「マイ・ライフ・アズ・ア・ドッグ」思い出す。
ボーイッシュなサガちゃん可愛かったな。
c0071983_22165768.jpg

[PR]
# by chloe7513 | 2013-04-04 22:20 | etc.

ジェーン・エア

久しぶりに映画の感想を。
去年デビット・クローネンバーグの「危険なメソッド」を観てからと言うもの
すっかりマイケル・ファスベンダーのファンになってしまった私。
時間があれば彼の出演作で、良さげな作品はチェックしておくつもり。

正月に「イングロリアス・バスターズ」観て今回はこれ、「ジェーン・エア」。
19世紀イギリスが舞台の不朽の名作であります。

イギリスが舞台だけど、主演2人はイギリス人じゃないんだよねぇ(笑)
監督もイギリス人じゃないしね。
でも過剰な演出がなく、映像美が醸し出す雰囲気が私好みでした。

ミア・ワシコウスカのぴしっとした後姿が良い。
まだ若いのに孤独で不幸な人生を送ってきたという難しい役を静かに演じる。
彼女見てたらなんだか神木隆之介くんを思い浮かべてしまった。
家政婦頭のジュディ・デンチ様も効いてました。

そしてファスベンダー。
原作では容姿は良くないとされてますが
いい男オーラはやはり消せないもので。
髪型はちょっとなぁと思うけど、あの時代の髪型なのでしょうがない。
ラストの髭もじゃにはダニエル・ディ・ルイス感じたなー。
彼もいつかダニーのようなすごい大物になるのだろうか?
「シェイム」が評判になった時、やはりダニエル・ディ・ルイスを彷彿させると評されたらしい。
余談だがフランソワ・オゾンの「エンジェル」のモローラ・ガライの相手役も
ファスベンダーだったんだよね。
あの頃はおお!って感じなかったんだけど、
ファスベンダーの演技チェックするため
「エンジェル」、もう一回観てみたい。
でも近所のレンタル屋にはないのよね。

ラストがハッピーエンド過ぎないのも良い。
アンビエントミュージックのようにじんわり心に染みました。
こういう映画観ると、やっぱなんだかイギリスって心の故郷って感じます。
前世イギリス人だったかもね。

c0071983_2255857.jpg

[PR]
# by chloe7513 | 2013-04-03 23:01 | cinema

リンかけ、ビバヒル

先週の水曜日・・・「ヤマト2」観ようと思ってファミリー劇場にチャンネル合わせたら
なんと放送は休みで放送されていたのは懐かしの「リングにかけろ」のアニメ。
「リンかけ」は兄が中学生になってから「ジャンプ」を買い始め、
兄がすごく好きだったマンガ。
私もこっそり兄の集めた「リンかけ」のコミックス読んでた。
まさかアニメになっていたとは!
で、ヤマト観たのと同じでついつい見入ってしまった・・・
あぁ、なんだかファミ劇の戦略にずぶずぶと嵌ってないか?私。

高嶺竜児とか河井武士とか懐かしすぎでしたわ。
石松っちゃんのべらんめぇ言葉もいいですわね。「しゃらくせー!」とか。
で、剣崎くん。あ~な~た~本当に中2かい?(笑)
しゃべり方が似てるんですよ、あの人に・・・
はい、「ビバリーヒルズ高校白書」、そして「青春白書」のディラン・マッケイに!
c0071983_2253377.jpg

あ、もちろん日本語の吹き替えの方です。
剣さん(←横山ではない)、「やっこさん」とか言っちゃって、
お前ディランかい!って突っ込みたくなった(笑)
斜めに構えてる一匹狼感とかお金持ちとか剣崎とディランって共通項あるね。
まぁ「リンかけ」の連載時期とビバヒルの日本での放送時期では
ビバヒルが断然あとなんで
日本語吹き替え版の脚本作った人が剣崎を意識したのですかねぇ?
じゃあ、高嶺竜児はブランドンで、菊ちゃんはブレンダなのか(^^;
キャサリンはケリーで(笑)(なだぎと友近はディラン&キャサリンだったね)

ファミ劇ではやらなかった「影道編」も動画サイトで観ちゃいました。
私、子供の頃、総帥(剣崎の双子の弟)好きだったなぁと思って。
改めて観たらなんかすごい紳士でいい人で強くてかっこいいし、素敵な人だった。
日本Jr.との試合後、正座して毛筆で
竜児にお手紙したためるところがすんごい素敵。
こんな人、そうそういないわよっ。
子供の頃の私の目に狂いはなかったのね(笑)
一時期男性のロン毛が好きだったんだけど、総帥の影響だったのかも?
c0071983_2261610.jpg

「影道編」は「日米決戦編」と作画が違い、
ちょっと目張りが強い?キャラデザだったので
個人的に「日米決戦編」と同じ人にして欲しかったなぁ・・・
(作画監督はアニメ版4編それぞれ違うようですが)

「世界大会編」までアニメ化されてるけど
「ギリシア十二神編」や「阿修羅編」、「世界タイトルマッチ編」って
いつかアニメ化されるのでしょうか??
さらに「リングにかけろ2」なんて「リンかけ」の息子たちの続編もあるのね・・・
よ、読んでみたいけど、どうしょ(汗)

続編といえば「新ビバリーヒルズ青春白書4」って全然NHKで放送されないね。
なんでだろう?
そろそろあの強烈なナオミ嬢が恋しいっす。
c0071983_226477.jpg

[PR]
# by chloe7513 | 2013-03-29 22:16 | etc.

ヤマト、そしてコンV

「勇者ライディーン」のファミリー劇場の放送をきっかけに
なぜなんだか子供の頃観てたアニメをまた動画サイトなんかで観てる今日この頃。
アニメって最近じゃたまに「サザエさん」か「ちびまる子ちゃん」見るくらいだったのになぁ。
あ、「ルパン3世」の1年に一回やるスペシャル版も観るか。
まぁそれくらいだったのにね。

ファミリー劇場でやってた「ライディーン」が
今年になってから水曜の夜から日曜の深夜に異動になり、
その後釜に来たのが「宇宙戦艦ヤマト」。
「ヤマト2」は昔リアルタイムで観てたけど、すごく好きだった訳じゃなかったんだけど
(映画版の松本零士さんのテレサのイラストはすごい好きだったけど↓)
c0071983_2323513.jpg

何気に観始めたらハマってしまった(笑)

ファミリー劇場での放送時、最初の「ヤマト」はほとんど観てなかったけど
「ヤマト2」は作画が綺麗なのでなかなかよいなと。
「ライディーン」は途中から作画が少々質の落ちる回があり
洸もマリちゃんもシャーキン様もあぁ~;って感じになるけど
「ヤマト2」は今のところそれがないので安心です(笑)
結構キャラクターも個性的でイケメンが多いよね(笑)
男だらけのむさくるしさ感がいいです。
子供の頃はそんなこと全く思わなかったんだけどさ。

ブラックタイガー隊の加藤と山本、あと斎藤が好きなんだけど
みんな死んじゃうのね・・・(泣)
テレサとの交信時、島に通信席奪われてふてくされてる相原も可愛いです(笑)
斎藤の声って主題歌歌ってるささきいさおさんなのね~。
すごい渋い声で素敵ですわん。

あと「ライディーン」で長浜忠夫さんのことが気になって
「コンバトラーV」も動画サイトで観始めてしまった。
スマホで観てるので画面小さいが;

「コンV」も子供の頃観てたけど、
最近観るまでキャラクターの名前も内容も全く覚えていなかった。
コンバインするシーンくらいかなぁ、覚えてたのは。
「ライディーン」はけっこう覚えてたのになぁ、不思議。
「コンV」は「ライディーン」とほぼ同じスタッフで作ってたらしいけど、
より巨大ロボットアニメとしてこなれた感がある。
話のプロットもしっかりしてるし、当時人気があったのも頷ける。
「ライディーン」は日本だけの話だったけど
「コンV」は国連総長が出てきたり、イギリスの科学者のロボットが出てきたり
ワールドワイドな設定もいいと思う。

あと声優としてデビューしたての三ツ矢雄二が
主人公の豹馬を演じてるのがいい。
キャラクターとあまり実年齢が変わらない声優さんだと
妙なリアル感がありますな。
「トリトン」もそうだね。
まだ全部観てないんだけど、今後豹馬とちずるが恋仲になるそうで
そこにも注目しようと思います(笑)

もちろん「ライディーン」も最終回まできっちりチェックしまっす!
[PR]
# by chloe7513 | 2013-03-08 23:29 | etc.

「ライディーン」はおそらくリアルタイムで観てた。
ものすごーく、小さかった時だけど。
そんな幼少の頃観ても記憶にあるのはやはりそれだけインパクトが強かったのだろう。
保育園から小6くらいまで兄とゴールデンタイムに放送されてた
巨大ロボットものはほとんど観てたけど、
その中でもライディーンはピカ一。
兄はライディーンの超合金持ってたっけ。

「海のトリトン」はアトランティスだったけど
こちらはムー帝国が設定のベース。
私はそういうのがほんと好きみたい(笑)
何年か後に「ムーの白鯨」ってアニメが放送されて
何かライディーンと関連あるかと思ってわくわくしたんだけど
全然関係なかったのでかなりがっかりした覚えがある。

ガンダムでお馴染みの安彦良和さんのキャラクターデザインが良かった。
洸くんは今観てもカッコいいし、洸の母レムリアさんもすごい美女。
ガンダムもそうだけど安彦さんのキャラクターは
色っぽい感じと独特の存在感があって今でも魅力的に思える。
他にも美形キャラが出てるアニメ(ゴッドマーズとかダンガードA等)ってあったけど
逆にきれいすぎてちょっと私の好みではなかったね。

Youtubeで第一話を観たけど全く覚えてなかった。
ひょっとしたら最初の方は観てなかったかもしれない。
最初は天の声に導かれてライディーンへフェードインするのですな。
ピラミッドまで出てくるし。
今観てもこの神秘的な展開に惹かれますわ。

やはり主人公洸のライディーンとの関係や
極めつけは洸の母がムー帝国の王女だったという設定が凄い。
よくこんな設定考えたな~って今でも感心します。
wikiで知ったんだけど、当時この設定がオカルト路線ということで
スポンサーや親会社にクレームをつけられ、
そのせいで26話まで監督だった富野さんは降板させられたのだとか。
それでも最後までムー帝国の設定を崩さずやれたのは素晴らしい。
降板劇まであったのに、ストーリーはどんどん強烈に神秘路線に走っていくんだけど
でもその後クレームはどうなったんでしょうね??
人気が出たから帳消しとか?

ネットでライディーンのことをあれこれ調べてたら
なんとCSのファミリー劇場というチャンネルで
11月28日から放送されると知って、早速契約しちゃったよ(苦笑)
ライディーンって初回放送観てその後再放送を観たことなかったから
何十年ぶりって感じだね(^^;

で28日さっそく観たけど懐かしいやら嬉しいやらで
4話連続の2時間があっという間でしたわ。
実際見ると子供向けであるためか無理な設定もあったりする。
(高校生のマリちゃんがジープ運転するとか)
まぁそれもご愛嬌なんだけど
同じ設定で、もうちょっと話を作りこんでリメイクしたり
続編作ってほしいなぁって思ったりする。
富野さんの後監督になった長浜さんは続編やりたかったようですが。
関連のアニメ作品もあるようだけど、
それらは洸は出てこないし、ムー帝国の設定もないのでまぁ別物ですね。
「ゴッドバード」という続編マンガ?もあるようですが、内容はどうだろう?
もしリメイクや続編作るならやはりキャラクターデザインは安彦さんでないとダメ。
ご本人はアニメ界から足を洗ってしまったようですが・・・

あと実写にするならレムリアはコン・リーで!アジアを代表する憂い系美女で決まり。
洸のお父さんは奥田瑛二(背が高い、めがね、髭ときたらなんとなく)。
洸の祖父は笹野高史(外はねのヅラと髭はもちろん付けていただく)。
洸は「平清盛」で息子の平重盛を演じた窪田正孝くんで。
(もちろんライディーン自体の声は神谷明さんで)
ポイントはやはり憂い顔イケメンです(個人的な好みですが)。
神宮寺は白人男性にしてマイケル・ファスベンダーで
(これもはっきり言って個人的な好みです、はい)。
妄想するとなかなか楽しいですな(笑)

しばらく水曜の夜はライディーンを楽しもうと思っとります!
c0071983_23372153.jpg


・・・上記を書いた後、5話~8話観た。

5話以降は神秘(オカルト)路線は排除して結構普通のストーリーになってるなぁ(^^;
基本子供向け作品のためか、ストーリーや人物設定の作りこみもちょっとアバウト。
まぁそれも70年代アニメ特有のシュールな感じ?が不思議な味わい醸し出してるけど。
アギャール将軍がタイムボカンシリーズの3悪みたいな感じなってる(苦笑)
子供の頃強烈に記憶に残っているのは、やはり長浜さんが監督になってからの後半部分かもしれない。
レムリアさんの登場とかね。
でも最終回まで見続けますよん♪
[PR]
# by chloe7513 | 2012-12-05 23:41 | etc.

最近気がつけばあまりTVを観てない。
「平清盛」かサッカー中継かフィギュアくらいかなぁ。
でも子供の頃、主に小学生時代は相当テレビっ子でほぼ毎日アニメ番組を観てた。
何もない昔の田舎ではTVが唯一の娯楽だったもんねぇ。
しなしながら年齢とともにアニメを観ることもほとんどなくなったけどね。

今年からウィルコムからiPhone4sに乗り換え、
契約したときにwi-fiルータを無料で頂いたので
iPhoneをwi-fiに繋いでYoutubeをよく観るようになった。
それまではパソコンでYoutube観てもスペックが足りないのか
光なのに紙芝居になるのであまり観てなかったんだけど。

で、なにげに上記の子供時代に好きだったアニメを検索したら
結構主題歌とかこれがヒットするんだよね。

特にお気に入りは「海のトリトン」と「勇者ライディーン」。

「海のトリトン」はリアルタイムでは観た訳ではなく
小学生低学年の頃、夏休みの朝の9時くらいに再放送していたのを観てた。
私の田舎は当時7月下旬から8月半ば迄で夏休みが始まるのが遅く、終わるのが早かった。
そのためトリトンはたしか月曜から金曜日にかけて毎日放送されてたけど
夏休みが始まる前から放送され、夏休みが終わっても放送が続いてため
結局ストーリーの最初と最後の方はちゃんと観たことはなかった。
トリトン、当時は毎年夏休みにやってたけど毎度そんな感じだった。
当時ビデオも家になかったし。

ある時、家庭訪問が夏休み明けにあり
家にいなければいけないとかで、そのため最終回だけは観れたことがあった。
あの最終回は子供ながら衝撃的だったわね。
当時の勧善懲悪のヒーローものアニメの常識を覆す展開だったので。
ちなみに原作は手塚治虫なんだけど、基本的な設定だけの引用で
あとはかなりストーリーは原作と違うようです。

とにかくアトランティスの末裔という設定とか
キャラクターデザインとか
ストーリーとか世界観がすごく好きだったな~
オリハルコンの剣の設定なども神秘的でいい。
オープニングの曲と映像も今観ても凄くかっこいいと思う。

舞台が海で、トリトン族とポセイドン族の戦いがテーマなんだけど
まったく架空の世界が舞台という訳ではなく
アトランティスという幻の古代文明がベースというのが
私にとっては魅力だったと思う。
(こういうのを伝奇ロマンというらしい)

トリトンやピピ、イルカ達のキャラクターデザインは今見てもすごく可愛いと思う。
トリトンの声優も調度同じ年齢の塩屋翼さんが演じてたのも新鮮だった。
wikiを読むと当時女子中学生や女子高生に人気があったようで。
ファンクラブもあったとか・・・

他にもゴールデンタイムにやってた巨大ロボットものとか
夕方5時台くらいに再放送のアニメとか兄とよく見てたけど、
トリトンが一番好きだったな~
夏休みの朝、トリトン見て宿題やってからプールに行って泳ぐと
なんとなくトリトンの気分に浸れたもんです(笑)

やはりストーリーの最初と最後がちゃんと観れてないのが未だに心残り。
CSやBSでもたまに再放送されるようですが。
DVDボックスも売ってるし、他のもっと話数の多いアニメより
若干お値段も安めなので買ってみようかなぁ(^^;

最初の放送から40年位経ってるのに
DVDボックスが売られたり、CSやBSで再放送やるっていうのは
それだけニーズが高く、名作ってことなんでしょうね。
c0071983_20334724.jpg

[PR]
# by chloe7513 | 2012-12-04 20:40 | etc.

U-23代表のスペイン撃破、モロッコにも勝って本当に嬉しい今日この頃。
とはいうもののこのチームは壮行試合のニュージーランド戦からじっくり見始めたので
ちょいニワカなんだけどね;

とにかくスペイン戦の大津くんのヘッド!
メキシコ戦での強烈ボレーがすごかったんで、その勢いにのったのかなと。
麻也の潰れ役も効いたね~
c0071983_22114221.jpg


このお祈りシーンも印象的だった・・・
女子はこれにヤラれたね(笑)サッカーファンでなくても。
c0071983_22142688.jpg

今年のフィギュア世界選手権の羽生くんの涙に続く名場面だと思っておりまする。。

モロッコ戦ではJリーグでは好調だった永井くんの技ありループが遂に決まる。
c0071983_2221494.jpg

本家グランパスは怪我人続出でスクランブル状態なんですけど;
欧州リーグのスカウトが目を光らせてるらしいけど、今季はグラにいてね~;

メキシコ戦観て、素人ながらにサッカー男子代表は行けるかもって思ったけど
決勝トーナメント進出が決まって本当に嬉しい♪
(北京の時の3戦全敗だったからね・・・、余計に)
絶対1位通過狙わないとね。

ホンジュラス戦はメンバーどうするんだろう?
酒井高徳くんも頑張ってたけど、酒井宏樹くんをもっと見たいのよ~
決勝あたりでブラジルと当たって、
CWCの時のサントス戦のリベンジして欲しいと思ってる。

メダルはどうなるかわかんないけど
もしメダル取れたら郷ひろみに「大津祐樹を止めないで~」と歌って欲しいもんですわ(笑)
「チャラ男」も流行語大賞になるかもよ?
[PR]
# by chloe7513 | 2012-07-30 22:33 | football

大津祐樹を止めないで

うほ~!メヒコに勝ってしまったじゃまいか。
圧倒的にメキシコ代表に試合を支配されながら、天晴れですわ。

決勝点をあげたのは大津祐樹!
c0071983_1142281.jpg

メキシコのシュートも強烈だったけど、大津くんすごかったよ~。
アシストは持ってる男、杉本健勇だったね。

昨日大津くんの動画をなんとなく探してたら
ボルシアMGに移籍する際のサポーターにお別れをする動画を見つけて
最後にサポーターにチャント歌ってもらってた。

なんかこのチャントが試合後に頭を駆け巡ったわよ!

おおつゆう~き~、おおつゆうき~おおつはミステリ~♪ってやつ(原曲はお嫁サンバね)。

まだ実は柏にいた頃私はあまり知らなかったんだよね。
去年柏の選手はCWCでじっくり見たんだけど、あの時はもう大津くんいなかったし。
五輪予選も最初の頃はなんとなく見てたら、あまり認識してなかった。
昨日のメキシコ戦のボレーで全国にその名を知らしめたって思ったよ。

ゴール決めたあとはその酒井くんに抱きついてて。
喜びを一番に分かち合いたかったのねぇ。
c0071983_1261381.jpg

酒井くんて試合中はすんごいワイルドなのに、
普段はぽわ~んとしててすごいギャップあるね。
きっとそういうところがヒロキニスタ(って言葉あんの?)にはたまらないか。

さて今日のメキシコ戦けして危なげない試合運びではなかったけど、
五輪本番、ひょっとしたらひょっとするかもよ~(^^)
[PR]
# by chloe7513 | 2012-07-22 01:29 | football