<   2013年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

さてさて、アニメ、実写ドラマと来てついに原作を購入。
ほんとこの頃の車田先生の絵好きですね~。
基本アニメとストーリー一緒なんだけど
聖剣戦争編の冒頭で風魔の里が華悪崇に襲われるんだけど
他の忍びの流派も襲われるってところはアニメでは省かれてましたね。
あと小次郎の蜂を叩き落すシーン!
アニメでは省かれているけど(残念)
「柳生暗殺帖」では虎次郎くんがこれやってますね。
「星矢」に比べるとストーリーがシンプルだけど
バトルシーンがやっぱり好きですね。
あと死紋のキャラデザってアニメと原作では違ってますね。
ストレートロン毛の美形キャラでは
壬生攻介や伊達総司とカブるからなんでしょうかね?

そして「柳生暗殺帖」!
連載が2013年12月の時点で再開になってないのがほんと惜しい。
これ某巨大掲示板では由利先生に
丸投げしてるって書いてると人がいましたが、
私はストーリー展開や登場人物の名前や技は
車田先生が考えてると思います。
セリフの言い回しなどは由利先生がアレンジしてると思われますが。

まず画力がいいですね!
車田先生の絵を踏襲しながら
バトルシーンはより力強く、
背景や登場人物の衣装や小物の描写は細やかで。
特に無印では各キャラは無地の学ランだったけど
手甲を付けていたり、衣装に刺繍っぽい模様があったり
このあたりのこだわりはいいですね~
カラーイラストの色の塗り方は車田先生と同じように塗れてますね。
ほんと基本、絵が旨くないとここまで描けないでしょう。

ただ若干ページ毎にいろいろ描き込みすぎるきらいがあり、
コマ割も車田先生よりちょっと細かいので
じっくり読まないといけませんが、
それでも絵自体がよいのでまた繰り返し読みたくなりますね。

あと風林火山と柳生家の関係や
子供時代の小次郎たちや
伊達総司の詳しい設定とか
後付なんでしょうけど、そうだったのねと納得。
特に項羽と小龍が双子ではなく年子の兄弟というのが
衝撃的でしたわ(苦笑)
で、竜魔はどうなってるの??
なにげにチラリズムはありましたが(苦笑)
無名さんはあの人ですよね~
3巻、ほんといいところで終わってしまって。
めちゃくちゃ続きが気になるんだけどな~

休載の理由はあれこれ言われてますが、
なんとなくND終わらないと再開しない気がする・・・

            由利先生の描く竜魔が是非見たいっす。
c0071983_22315750.jpg

[PR]
by chloe7513 | 2013-12-28 22:35 | etc.

特撮もよくできてたし、
役者さんの殺陣も迫力があり
みなさんホントに良く頑張ったと思います。
バトルシーンは原作のイメージに近い感じの一方で
風魔と夜叉が部活の大会に混ざって戦うっていうのは
原作では少ししかなかったけど、
部活の一員として、もしくは大会の影で戦うという設定は
なかなか面白かったですね。
特にパティシエ部って車田漫画には絶対ありえないでしょ(笑)
柳生家での風魔ファミリー(あえてこう呼ぶ)
ほのぼのしたやりとりもなごむ。
原作では絶対ああいったなごみシーンありえないけど。
シリアスとなごみシーンのメリハリが
良くドラマを引き立てていたのがドラマとしてよい点だと感じます。
原作にはない細かい設定や心理描写も良かったと思います。
(小次郎が仲間の死にショックを受けるところとか)

ギャグっぽい演出は
何かを思い起こさせると思ったら
「伊賀野カバ丸」!(懐かしいのぅ)
これ、あちこちのブログで指摘がありましたね~
スタッフ陣が意識してたかわかんないけど。
このまま村井くんがカバ丸役で
同じスタッフで「伊賀野カバ丸」やれそうな気がする(笑)

絵里奈が小次郎と友達になるっていうのも
なかなか面白い設定だったと思います。
絵里奈ちゃんの演技も良かったですね。
ただラストの小次郎と武蔵の決闘は
姫子を救うために戦うという感じより、
もっと原作に近づけて欲しかったですけどね・・・
好きな女性のために戦うのはリンかけの石松と剣崎だけよってね(^^;

それでも原作を知らなくても
マサミストでなくても充分楽しめるドラマだと思います。
独立UHF局のみ放送だったので
知名度がそんなにない気がしますが。
アマゾンのカスタマーレビューでは高評価ですけどね。
ドラマ放送後舞台になり、
舞台もDVDになってるみたいですね。
このドラマにはまって舞台観に行った人たちの気持ちよくわかるなぁ(笑)
私もリアルタイムでこのドラマ観てたら
絶対舞台観に行っていたかも(ミーハーだな;)
個人的に生で竜魔演じる進藤学さん、観たかった!

もっとスカパーでも取り上げればいいのにと思います。
お正月にどこかで全話一挙放送しないかしらねぇ。
ツタヤディスカスにもドラマのDVDあるので
まだ観てない方には是非観てほしい作品ですね。
あ、「聖剣戦争編」と「風魔反乱編」もドラマ化して欲しかったなぁ~。



ちなみに・・・今の村井良大くん、
小次郎の頃と雰囲気変わりましたね(^^;
「弱虫ペダル」も舞台化されてて、それにも出てたのね。
藤田玲くんは人気深夜特撮ドラマの「牙狼」のスピンオフ映画、
「絶狼」で単独主演みたいですね~
特報見たけど、めちゃくちゃかっこよかった~!

c0071983_21473660.jpg

[PR]
by chloe7513 | 2013-12-25 21:54 | etc.

実写版風魔の小次郎

正月に観ようとか書きながら
ちゃっかり全部観てしまった私。

もちろん超面白かった~!
2007年の秋から冬にかけてこんな面白いドラマやってたのねぇ。
2007年って私何してたんだろ?
もちろん当時は深夜ドラマを観ることもなかったし
マサミストでもなかったし。
グラは天皇杯でJFLのHondaFCに負け、
おまけに衝撃の本田くんが海外移籍のため退団なんてことがありましたっけ;
しかし2013年12月の時点で
今更風魔の小次郎のドラマを熱くブログに書くのは
私くらいであろう(^^;

まずよいのはキャスティング。
300人のオーディションで選んだのだとか。
私これに出てる俳優さん、誰一人として知りませんでした;
あくまで原作に合わせた人選ってことね。
ここが良かったと思う。

まず主演の小次郎役の村井良大くん。
元気が良く、目力もいい。
まじめな表情はかっこよく、笑った顔は愛嬌たっぷり。
昔の少年漫画の主人公をここまで良く演じられたものかと。
当時はまだ19歳だったのね。
彼がアニメ版を観ていたかわからないけど
なんとなく難波さんの声っぽく聞こえることもありました。
今は舞台、映画、TVドラマと大活躍してるみたいですね。

壬生役の藤田玲さん。
まだ若いけどカリスマ性たっぷりで演技もうまい。
役は原作とは違う設定だけど
夜叉側のキーパーソンとして
難しい役だったけど、真剣に演じてましたね。
実際の藤田さんはインターナショナルスクール出身で
フランス語もぺらぺらだとか。
悪役だけど品のある顔立ちも印象的でした。
とても肌がきれいで外国人ファンも多いのは納得。

飛鳥武蔵役の川久保拓司さん。
雰囲気や声など私の中では
一番原作というかアニメ版の武蔵に近いなぁと思いました。
少し甘めの声の感じがアニメの速水さんのソフトヴォイスも近い気が。
憂いのある表情がなんとも武蔵っぽい!
絵理奈との絡みももっと見たかったな~。
殺陣も上手でしたし、
壬生とのツーショがこれまたかっこよかった。
衣装が学ランというより神父みたい?
最終回で顔が血まみれになったのは
個人的にちょっと気の毒だった(^^;

竜魔役進藤学さん。
アニメ版がセクシーだなんて言っておりましたが
実写がこんなにセクシーでどうするっていうくらい
超かっこいい俳優さんでしたね。
私、ドラマ版でも一押しはやはり竜魔です!
声も低くて激渋。
進藤さんは今どきの日本の男性若手俳優には珍しい
大人の色気を感じさせる方ですね。
竜魔を演じた時は27歳だったけど、
すごく落ち着いてるっていうか。
蘭子さんとの絡みはもうきゃ~って感じでした(=^^=)
「パチ・・・スエ?」には超ウケた(笑)

願わくば竜魔のロン毛は付け毛ではなく
地毛にして欲しかったけど・・・
他のお仕事の絡みもあったので髪は伸ばせなかったのかも。
もし私が東京に住んでたら速攻進藤さんの舞台観に行ったでしょうね(^^;
それほどこのドラマで彼の存在は大きいですね。

(続く)
c0071983_21315521.jpg

[PR]
by chloe7513 | 2013-12-11 21:36 | etc.

ND再開、8巻

遅くなりましたが12月6日は車田先生お誕生日でした。
おめでとうございます!
GPファイナルを制した羽生くんは次の日12月7日生まれだよん。
羽生くんもおめでとうございます!

今週のチャンピオンは車田祭りだね~
付録のポスターはマサミスト狂喜乱舞ではないですか!
今「風魔の小次郎」にはまってる私としては
竜魔や伊達総司が載ってないのがちと不満(^^;
項羽、小龍、霧風も。

ND再開と8巻合わせての感想、
いや~伏線張りまくりですわね。
蛇使い座の聖闘士やら水鏡の本意やら。
まだ登場してない「この時代のアテナ」も
この伏線に絡むのだろうか??
無印はやはりバトル中心だったと思うけど
NDってちょっとミステリー仕立てな感じがするな。
次号でどうなるのかっていう興味の引き込み方が
ベテランの妙と感じます。

8巻はなんと言ってもシジマとシャカの対決が目玉。
瞬は乙女座の黄金闘士の正当な後継者だったのね~
Ωではそうなってませんが(^^;
瞬もそのうち座禅したり天舞宝輪の使い手になるのだろうか?
そんでもって小宇宙高めるため耳栓でもするんですかね~
(シジマは口、シャカは目を閉じてるので)

童虎さんはやはり土佐弁になってる・・・
ほかの登場人物は誰ひとり方言ではないにね。
車田先生のアシさんに高知県出身者がいるのだろうか?

チャンピオン最新号のNDで
やはり本当に水鏡は死んだようでショック;
生き返らないのか・・・(いや生き返るかも??)
童虎さんの意外な宣言?もびっくりでしたわ。

続きは9巻出るまでガマンしようかと思ったけど
また次号のチャンピオン買ってしまうかもだな(苦笑)
あ、今後ろに載ってる猫漫画「木曜日のフルット」も
気に入っております(^^)

そういえばW杯で日本代表はギリシャ代表と対戦することになったね~
ギリシャとの対決といえば「リンかけ」なんですが。
マサミストの多い南米では大いに盛り上がりそうです(ほんとかい)。
多分この頃にCG版星矢も公開されるかと思うし
楽しみが増えたわね。
[PR]
by chloe7513 | 2013-12-08 22:21 | etc.

風魔の小次郎

今週NDの8巻発売とチャンピオンの連載再開があるんですが~
なぜだか「風魔の小次郎」のアニメにすっぽりはまってしまいました!

「夜叉編」、「聖剣戦争」、「風魔反乱編」全部観たけど面白かったっす。
子供の頃兄が「風魔の小次郎」をコミックス持ってて
読んだことは一応ありました。
ストーリーより登場人物をよく覚えてたって感じです。
(思えばうちの兄ってマサミストだったのね)
「夜叉編」で小次郎が姫子にデレデレするところや
「聖剣戦争」で小次郎が白霊山に死牙馬を探しに行くシーンで
白霊山の魔女がなぜかセーラー服姿だったとことかうっすら覚えてたな~

学ランに木刀を振り回すのが
妙に時代を感じさせたけど
観るうちになんだかだんだん慣れてしまい;
登場人物の男性陣は全編通して皆学ランなのがミソ。

声優は小次郎役は難波圭一さん。
この人ほんと、うまいですね~
ポセイドンもアフロディーテも全くキャラが違うのに演じ分けてる。
小次郎の熱血演技が素晴らしい。
小次郎の兄貴分竜魔は堀秀行さん。
一輝よりクールに演じてます。
堀秀行さんの竜魔、セクシーですごくいいですね。
竜魔は「風魔の小次郎」のキャラの中で一番好きなので
荒木さんのキャラデザと相まってもうほれぼれしてしまう(=^^=)
飛鳥武蔵の速水奨さんも素敵ですね。
子供の頃漫画で読んだ時は武蔵って好きになれなかったけど
妹思いの孤独な戦士って感じでいい味だしてますね。
霧風の飛田さんと項羽/小龍の中原さんはちょっと声が似てますね~
美形の伊達総司は今の声優さんなら
神谷浩史さんにやって欲しいと思っちゃいました(^^;

聖剣戦争編の7話~11話は荒木さんが作画監督で
素敵な作画が堪能できて幸せ(^^)
もう20年以上前に作られた作品なのに全く古さを感じませんねぇ。
7話の冒頭の爆破シーンは特に迫力があって素晴らしいと思います。
12話は作画監督が途中から違う人になるんですが。
12話はラスボスの華悪崇皇帝があっさり小次郎に負けてしまうのと
予算が足りなかったのか、最後の方が止め絵?になる場面があって
ちょっともったいないかなと・・・

13話も途中まで荒木さんが作画監督だけど、
途中で別の監督になり、やはり絵が変わる。
絵が変わってもお話自体は面白く気に入ってます。
劉邦、霧風、小龍が死んでしまい、ちょっと悲しいのですが
マインドコントロール合戦の設定が面白かったですね。
死紋はなかなかやり手のラスボスだったしね。

この前Ω観たら聖剣という設定が出てきてて
敵のアイガイオンが持ってる聖剣が雷光剣みたいだった。
こんなところで小次郎ネタが使われてたとはね・・・

そんな訳で原作コミックスもまた読みたくなりました。
続編の「風魔の小次郎 柳生暗殺帖」も気になりますね。
これは星矢の派生作品とは違って
作画は他の人だけど、ストーリーは車田先生が作ってるようで。
休載中なのは先生が星矢関係でお忙しいせいでしょうかね。

2007年には実写ドラマ化されてるようで
知った時はちょっとえ~ってな感じだったけど
アマゾンのカスタマーレビューや
ブログに感想を書いてる人には概ね好評みたいですね。
どこかに「イケメン木刀パラダイス」って書いてあったけど(笑)
動画サイトでもちょこっと観られますが
これはこれで面白いかもしれないと感じました。
お正月にDVD借りて一気に観ようかと考えます(^^;

「聖剣戦争編」のテーマソング、NIGHT HAWKSの「SHOUT」は
書き下ろしの曲ではないと思うけど疾走感が小次郎の雰囲気にぴったりですね☆


これは実写版↓

[PR]
by chloe7513 | 2013-12-03 18:20 | etc.