<   2007年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

第8節 柏×名古屋

久しぶりの関東遠征、新幹線もそんなに混んでおらずうきうき気分で一路柏へ。

柏へ着いたのは午後1時頃。晴れていて少し暑いくらいだった。スタジアムについて関東サポの友人と落ち合う。ピッチの隣のフードコートで腹ごしらえをしようとうろうろしていたら少しずつ雨が。友人とそのまた知人の女性と3人でタイカレーを食べたが、それだけではちょっともの足りなかったので、友達と分かれ、お好み焼きの行列に並んでいたら本格的に雨となる。

15分くらい並んでやっとお好み焼きを買えたのだが、その時にはお店のお姉さんもずぶ濡れ。自分の指定席に行ってお好み焼きを食べたものの、雷雨がひどくなり会場のあちこちで避難してくださいとのアナウンスが流れ、一度メインスタンドの後ろの階段に逃れる。その後自由席にいた友達から体育館へ行こうと電話で言われ体育館で避難する。体育館へ入ったら2階に誘導される。2階では柏ユースと思しき若い選手達が筋トレをしていた。その後1階のアリーナにいた友達と落ち合い、試合が中止にならねばよいがと話していたら、どんどん避難していた人たちが外へ出て行く。外へ出たら試合は16:50から開始するとアナウンスが流れていた。

スタジアムに入るとすでに選手達がアップを始めていた。

試合は前半はグランパスの時間帯はあったものの、終始柏の強いプレスに苦しみ、前半で2失点。カウンターでうまく流れも作ったがシュートは決まらず。後半は引き気味の柏ディフェンスに対して4バックにしたものの、退場者も出した柏を崩すことができなかった。

この先行逃げ切りの試合運びは最初から監督の狙い通りだったか。やはり柏にしてやられたという印象もが強かった。

悪天候に遭遇したけれど、食べ物も充実していて目の前で選手のマッチアップが繰り広げられる柏スタのファンでもある。今度来る時はもっとお天気もよく気持ちよく試合観戦したいもんです。
[PR]
by chloe7513 | 2007-04-29 20:42 | Nagoya-Grampus

同世代の女性グラサポ

って会ったことなんだよね;自分がグラサポになってからは。

もともとグラサポになったきっかけはイヴォのファンになったことからなんだけど、某ファンサイトで知り合った人にも同世代の人っていなかったな。年下か年上の方かどっちかで。
私の世代ってきっと子育てが大変な時期だから、何かにのめりこむこともないだろうし、あまりご縁がないのもしょうがない気もするけど・・・。

大学時代の友達が、当時グラサポで伊藤裕二さんが確か好きだったけ筈だけど、音信不通。今どうしてるのかな~

基本的に洋ものの映画や音楽が好きで、ヨンセンが好きな同世代の女性なら、気が合いそうな気がするんだけど。

どっかにいないもんかねぇ?
[PR]
by chloe7513 | 2007-04-23 00:14 | Nagoya-Grampus

第7節 名古屋×神戸

いや~またまた暫定首位です!めでたい。今日は雨もぱらついた程度で本降りにならず大助かりでしたわ。

日本代表合宿にも呼ばれた近藤が怖いな~と思ったけど、決定機をはずしてくれてこれも大助かり。同じくらいグラも決定機はずしてたけどね。

パスミスや連携ミスはあったけど、試合運びは概ねよかったのではないかと。

コンディションが気になってった本田も金も頑張ってくれた。私も外反母趾で足の小指の付け根がけっこう痛い。足の痛みってほんと辛いのよね。悪化させないよう祈ってます。

それから米山の復帰は大きかったなぁ。前半だったか神戸のFWに攻め込まれてもうだめかなっと思ったらスライディングで防いでくれた。櫛野も好セーブを見せてくれてがっちりゴールを守ってくれた。

ヨンセン、杉本も連続2得点取れた時がやはり最高に気分が高揚したな。一度得点して相手チームが動揺している時にうまく付けいれたと思う。もちろん杉本の足の速さが役に立ってるのは言うまでもない。

後半終わりがけに大久保が退場になったけど、コーナーで本田をがんがん蹴ってた;ひょっとして足が股間に入ってたかも??なぜか退場していく時私の近くの席の人たちが失笑してたな~

ともあれ次節は柏へ観に行くし、あの素敵な日立台で楽しいサッカー見せてほしいもんです(もちろん勝利で終わること!)

いつも自転車を止めてる場所に咲いてた八重桜。そばを通りかかった男性が「桜じゃねーじゃん」って言ってたけどちゃんと桜だよ~(ソメイヨシノではないけど)
c0071983_2204951.jpg

[PR]
by chloe7513 | 2007-04-21 22:03 | Nagoya-Grampus

バッテリー

久しぶりに映画ネタ。原作は読んだことはないけれど、本屋に平積みにされてるのを見て「児童文学なのに、野球もの?」なんてちょっといぶかしげに思ったことがある。

しかしこれはあくまで野球そのものの話というよりも、野球を通して成長していく少年達の物語。

病弱な弟ばかりをかまう両親をよそに天才ピッチャーとして名高い巧。弟の療養を兼ねて母の実家の岡山の田舎に引っ越して来るところから話がはじまる。ろくに挨拶もしない、あまり人の心を開かない巧が、気のいいキャッチャー豪と出会う。まぁ普通の野球の話なら、この2人で弱小野球部を強豪を次々倒す強いチームへ成長させていくサクセスストーリーとなるであろうが、この話はそうではない。

入学した中学の規律の厳しさ、野球に打ち込みたくても中学の部活動でしかない野球部、上級生の嫉妬からのいじめ、またそのいじめに加担した少年の悩み、相変わらず巧や野球を目の敵にする母等、小さな世界なのに問題が満載。

あと巧と豪のバッテリーとして息が合わなくなる場面があってお互いそれが2人や野球部に影響するけど、昔「ドカベン」(古いなぁ・・・)でもあったような。たとえどんな早いボールを投げる投手がいても受ける捕手がいないと成り立たない。この辺がサッカーとは違うのねと実感。

家族を含めた人間関係が野球を軸にうまく回転していくようになる。少々セリフはくさいがそこまでもっていくプロットがきちんとしているところに好感が持てた。

もちろんキャスティングも妙もいい。菅原文太が高校野球の名伯楽なんてタランティーノもびっくりじゃん?いやぁいい味だしてました。あと豪役の山田健太くんの笑顔に癒された。ほんと性格よさそうだし、頭もよさげ。この先どうすんだろう?役者になるなら西田敏行みたいな俳優目指して欲しいなぁ。巧役の林遣都くんは写真だけ見たらハーフかと思ったよ。でも映画観終わった後横浜Fマリノスの田中隼麿に似てると気づいたわ。

見るのけっこう迷ったけど、思ったよりいい映画で満足でした。
↓これなんてもろハユマ;
c0071983_21101321.jpg


ところで「龍時」ってなんとか映像化できんもんかな?話が壮大なんで無理だと思うけど。。
私が考えたキャスティング。

志野リュウジ・・・柳楽優哉
志野芳子・・・余貴美子
志野ミサキ・・・志田未来
八木沢千穂・・・井上真央
時任礼作・・・大杉漣
平義監督・・・椎名桔平

原作に描かれた身体的特長を思うとちょっと違うが、
この俳優に演じさせてみたいということで考えてみた。
製作・配給はシネカノンで!
[PR]
by chloe7513 | 2007-04-15 21:26 | cinema

第6節 大宮×名古屋

某実況スレだけ観ていて、実際試合の映像は観てないけれど、内容もよくなく負けてしまったようで・・・先週あんな負け方したのに悔しくなかったのかなぁ~?

もちろん負けるにもいろいろ要因はあると思うけどね。大宮も意地があったろうし。やはり格下(試合内容では相手が勝ってたらしいけど)にとりこぼすクセは直ってないのかな。。

そういえばメンタル研修やるって中スポに書いてあった気がするけど、もうやったのかな?もちろん研修やったところで、すぐに結果でるとは思わないけど、やらないよりマシかもしんないし。

試合終わった後、栄に用事があってでかけたら、自転車に乗った4,5人の中学生くらいの男の子達の一人が上着の下に本田のレプユニか、プレイヤーズTシャツ着てた。一時期レアルとかミランなんかのレプユニを着るのが流行ったけど(今でもスタに行くと海外サッカーのアパレルもの身につけてる人はいるが)、ああやってホームで試合のない日でも、少年が普通に街中で着てるってことがなんか嬉しかったな。

神戸戦は是非、がっかりしない試合を。本田もシリアで怪我せずに帰って来いよ~(祈)
[PR]
by chloe7513 | 2007-04-14 20:48 | Nagoya-Grampus

やはり鹿島戦勝てなかったな・・・藤田と金と直志は赤紙や累積警告で出場できないのと、主力はお休みということで、今回も若手主体。

スカパーの清水さんも西岡くんも名古屋より鹿島の不調さをやたらと強調していたが、たしかに試合の運び方は名古屋の方がよかったように思う。

それでも2失点してしまったのは不調の鹿島の勝ちたいという気持ちと名古屋の若手主体の「軽さ」みたいなものがあったというのは否めない。本田は久しぶりのセンターでやる気
満々だったけどね~。阿部もよかった。大宮戦の左は阿部だろうなぁ、きっと。

巻の初ゴールは彼らしくてすがすがしかった。ボールもってすぐにセンターサークルに戻っていった姿は好感が持てた。一部例外はいるけど名古屋の若手選手はおとなしめな選手が多いので巻にも彼らをいずれぴっぱっていくような存在になって欲しい。

GWに柏戦に行こうと思ってて給料日になったらチケット買おうと思ったら、アウェイ自由席はすでに売り切れ;トホホ。ま、普段もゴール裏で飛び跳ねてる訳ではないので、久しぶりの指定でおとなしく観戦しますわん。
[PR]
by chloe7513 | 2007-04-12 22:43 | Nagoya-Grampus

第5節 名古屋×広島

この日は「広島を食う」をテーマにお好み焼きを買おうと思ったのだが、大好きだった松坂屋の地下の広島風お好み焼き屋がなくなり、しかたなくドンクのパンを買った。スタでも「徳川」なるお好み焼きが売られたようだけど、画像をみたら広島風ではなかったのであまり買う気がしなかった。

この日、いつも一緒に観戦してくれる方がスタジアムツアーに当たったとのことで、ご一緒し、試合前にスタの内部を練り歩いた。やはり選手の控え室を見られるのは貴重な体験。きちんと整理されたユニやきれいに手入れされたスパイクを見ると、グラの名物ホペイロ、松浦氏の仕事っぷりを身近に感じられる。ファンクラブに入ってる人には是非応募をオススメしたい。でも席が自由席だと時間帯的に場所取りができないので、浦和戦のように多くの客が詰め掛ける試合には、場所取りをお願いできる人を見つけるべきだろう。

試合は小雨まじりの中はじまった。支配率は圧倒的にグラだった。いい時間に得点できるが、広島のすばやいカウンターとウェズレイの絶妙なヘッドで追いつかれる。

後半になって本田のFKから増川が押し込むが(この得点後選手達がとてもほほえましかったぞ)。しかしまたもや10分後に広島のセットプレーから失点してしまう。さらにゴールへ突進した柏木をなんと藤田が倒してしまい、一発レッドでPKを献上。さらに金がイエロー2枚目で退場してしまい、開場もピッチも雰囲気が一変してしまう。結局逆転を許したまま試合は終了となった。

サッカーの試合たらればは言いたくないけど、あの時ヨンセンが決めてれば・・・、杉本と玉田の交代はもう少し遅くしたほうがよかったのでは・・・となんだか悔やまれる。後半は前がかりになってしまったのは、前半ボールを支配できたことに対しての慢心だったのか。広島の監督はその辺りを心得ていたのか。ウェズレイは名古屋にだけは負けたくないという気持ちが強かったのか・・・

ずっと負け続けていてたまに勝てるととても嬉しい。逆にずっと勝てていたのにいきなり負けるととても悔しい。順位としては後者の方が上になるけれど、ずっと勝っていて負けるとこんなに悔しいものかと4年サポやってて今回初めて強く感じた。もちろんそれは選手もそうだろうし、その悔しさが「勝者のメンタリティ」に繋がるんじゃないかとふと思った。

まだ正式な発表はないけれど、藤田と金のレッドはナビスコ杯鹿島戦で消化の模様。今年は過密日程しかもたらさないと思ってたナビ杯だけど、レッドが消化できるのと新人や若手の実践の場として役に立ってると思いたい。

大宮戦は本田抜きだけど、絶対勝てよ~!!
[PR]
by chloe7513 | 2007-04-08 21:10 | Nagoya-Grampus

第4節 横浜FC×名古屋

今日は仕事だったので、泣く泣く録画で見ようと思ったら真っ黒だった・・・たまに真っ黒の時があるけど、なんでああなるのかな?

とにかく深夜0:00からの再放送撮ります・・・じっくり見たいので観るのは明日の夜だよ;
でも!勝って首位守ったのは良かった~(泣)横浜は天気もよく、桜もきれいだったみたいだね。あまり外にでなかったけど、名古屋はなんだか肌寒かったよ。多分桜は咲いてたと思うけど。

首位を守ったことの引き換えに楢崎が怪我。それにしてもしゅ、守備の選手がどんどん減ってく・・・ネットのニュースでは太ももの打撲みたいだけど、それだけで済んで欲しいよ、まったく。金古も獲ったけど、DF陣はどうなるのかな?米山は今日間に合わなかったけど。大森のカンナバーロ化?大歓迎!
[PR]
by chloe7513 | 2007-04-01 23:04 | Nagoya-Grampus