<   2006年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

遂に決まってしまった川島の完全移籍。覚悟はしていたけれど、公式に正式なアナウンスがあるのをみたとたん、がっくりきてしまった。

川島を最初意識したのは前々回のワールドユース。特にイングランド戦では神がかり的なセーブを見せ、次のA代表の正GK候補は川島しかいないとさえ思った。しかしながらその頃はJ2だった大宮の選手。次のシーズン、代表GKのいるグラへ移籍するとは夢にも思わなかった。

楢崎が代表や怪我で出られないときでも川島には第2GK以上の頼もしさがあった。だからこそ、毎試合スタメンで出られないジレンマを本人もサポーターも十分味わっていた。他のチームならば即スタメンで出られるのにと。

本田が来るまでグラの若手選手の中では一番プロ意識が高かったのではないか。映画も好きだし、読書も好き、料理もするし、新聞は日経を取り、常に日常からも人として正しく生きようとしている姿勢にも好感が持てた。

リーグ戦ではライバルになってしまうけれど、ACLであのワールドユースで見せた神かがり的なセーブを見せて欲しい。そして川崎で成功すればA代表のGKさえも夢ではないと思う。

そしていつかグラに戻ってきて欲しいなぁ(遠い目)。
[PR]
by chloe7513 | 2006-12-28 21:15 | Nagoya-Grampus

今週は奮発してサママガ、サカダイ2冊とも買ってしまった。

まずはサカダイ、本田のインタビュー。相変わらず言ってることははっきりしていて理路騒然としている。感心したのはチーム内の会話の件で、「Jと同じ量しか話さなかったら1シーズンかかってしまう、短期間でもっとやらないと」と言ったこと。これは普通監督が言うことでしょ(笑)常にチームの分析と自己分析に心がけていなければできない発言ですな。

以前ヒデが「nakata.net.TV」で代表のコミュニケーション不足を嘆いていたっけ。自分より下の世代は話さないって。でももっと下の世代にまじめに考えて話そうとするのもいるんだよと、あの時のヒデに言いたくなる。

なんかここに来て急激に本田のメディアの露出も増えたし、山崎マネージャーのブログにもファンのコメントがあって、「ああ人気者になったんだ~」と実感する。あそこに書き込んでいる人たちはグラサポなんだろうか?U-21でファンになったって人も多いのかな。

来期は代表だけでなくクラブでも、もっともっと気合入れて盛り上げていただきたいもんである。
c0071983_2321452.jpg

[PR]
by chloe7513 | 2006-12-27 23:10 | Nagoya-Grampus

ということで急遽豊田へクラブワールドカップを観に行くことにした10日。

3年前天皇杯を豊田スタジアムで見た後新幹線に乗って横浜までトヨタカップ、ミラン×ボカジュアーズを観に行ったっけ。Jリーグ以外でプロサッカーを生で観たのはこれが初めてだったので、そのときの感動が忘れられない。ただ横浜国際(現日産スタ)は傾斜がなだらかで、ゴール裏に近い席だったこともあり、ピッチが滅茶苦茶遠く非常に観辛い思いをした。

Jリーグとは違って応援団も少なく(若干エジプト人サポーターはいたが)、スタジアムはのんびりムード。しかしながらオープニングはライトを消して地球儀が出てきたり、竜のハリボテが出てきたり、煙幕たいたり、それなりに凝っていた。

私の席はカテ4と呼ばれた席。アウェイ側のゴール裏だったけど、オーロラヴィジョンを正面から見られるし、ゴール裏なんだけど非常に見やすい印象だった。できれば可動席で見たかったなぁ~。Jリーグで可動席が出るのってホーム側だけだしね。私の席の周りはサッカー少年団みたいな小学生とおじさん。行きも帰りも男性がやはり多かった。あとスタに向かって歩いてる時とかスタンドでもグラグッズ身に着けてる人もちらほら。会場で売ってたポップコーンのいれものはしっかり、グランパスくんのイラストが付いていた(笑)
c0071983_2117512.jpg

試合が始まるとアル・アハリはそれないにパスワークがよいし、オークランドシティもアマチュアなりにがっちり守っていたけど、前回ここで観たグラと浦和の試合を思うと緊迫感にかける。
それでもめったに観ることのできないエジプトとニュージーランドのチームの試合というだけで、これがクラブワールドカップの醍醐味なのよ~なんて実感した。

後ろの子供がオークランドシティのGK見て「バルテスみたいだ~」って叫んでいたけど、それ私も同じこと思ったよ。ユニがアディダスだったしね。それから場内アナウンスはスカパーの八塚浩さんだったなぁ。生八塚さんに会いたかったよん。

後半ではテル登場私の席の数段下に仙台時代のテルのレプリカ着たお兄さんがいた。あと4階席にもテルの弾幕が。多分テレビカメラに映らないところに貼るよう指示されたんでしょうね。テルは名古屋にもちょこっと在籍してたけど、おそらく熱心なファンは名古屋の人じゃないと思う。はるばるテル応援に豊田に来たのだと思うけど、やはり仙台の時に比べるとブランクやあった分キレは感じられなかった。金曜日に「サッカーアース」なる日テレの番組でテルの左足見たけど手術後の足首が痛々しかった。でもこれが最後のプロ生活の集大成なんだろうな。ほんとにサッカー好きじゃなかったらここまでやらないでしょうと思う。オークランドシティには5位決定戦でもっと奮闘して欲しい。

ともあれまたもや寒い思いをしたサッカー観戦だったけど、コストパフォーマンス高い席でそれなりに堪能しました。2000円だもんね。ただオセアニア代表はこの先ずっとアマクラブしか出ないのかな・・・FIFAにはまた新たな課題が見つかったかもね;出場チームを8つにするなんて話も出てるようだけど。

この日は試合開始の30分前くらいにスタに着いたので、写真家の宇都宮さんがスポーツナビのコラムで書いていた、世界の屋台のグルメを味わえなかったのが心残りである。
c0071983_21313599.jpg

[PR]
by chloe7513 | 2006-12-12 21:31 | football

またもや呪縛は解けず・・・

もちろん鹿島スタまで行くことはできなかったのでNHKの天皇杯のサイトや鹿島の公式サイトの速報、そして某巨大掲示板の実況書き込みをずっと見てた。

アレックス・ミネイロに得点されるも1分後に得点を決めたヨンセンはさすが!今日も雨で寒い鹿島でも半そでだったようで・・・それでも前半のうちに中後に得点を許し、結局それが決勝点になった模様。後半ではスピラールがイエロー2枚目で退場に。

やっぱ・・・鬼門ですわね。前に鹿島戦観に行った友達に一度霊能者にでもみてもらった方がいいかも、なんてメールに書いたけど、J始まって以来一度も勝ててないのは異常だもん。

クラブに破魔矢でも差し上げようかしらなんてちと思った。鹿島戦の時だけチームバスに飾ってもらう。ま、老婆心ですけどねぇ。。

とりあえず。来年の天皇杯に期待しましょう。

ところで明日の豊田でのクラブワールドカップ観に行こうかな~。来年2月のプレシーズンマッチまでサッカー見れないのも寂しいしね。
[PR]
by chloe7513 | 2006-12-09 16:36 | Nagoya-Grampus

第34節 京都×名古屋

そんな訳でJリーグももう終わり。結局浦和が最後ホームで華々しく優勝で終わった2006シーズンでした。

私は今年はなかなかアウェイ観戦に行けなかったので、一番近いと思われる京都くらいは行こうと思ってた。試合観戦もさることながら、西京極より阪急電鉄で、嵐山方面に15分くらい行ったところに松尾という駅があり、そこから10分くらい歩くと鈴虫寺という有名なお寺があって、そこにも寄ろうと思った。

しかしただでさえ紅葉シーズンで込み合う嵐山方面なだけに、鈴虫寺は長蛇の列。並んでいたらキックオフには間に合わないと思ったので、諦めてお寺には行かず西京極に向かった。
c0071983_21222338.jpg


阪急電鉄に乗って10分ほどで西京極に到着。前回ここに来たのは2002年、まだイヴォが居た頃だ。ここは本当に駅から近いのがありがたい。JR京都駅からもさほど遠くないし、京都がJ2にまた戻ってしまうのはなんとも寂しい。売店で売ってたチヂミはもっとボリュームがあれば◎なのだが。しかしながらスタは陸上トラックがあり、あまり傾斜もないので観難いといえば観難いかも。
c0071983_2139194.jpg

試合はやはりいうか名古屋ペースに思われた。前回出たセレッソ戦で退場した渡辺も左サイドでけっこう頑張っていた。CKからスピラールの頭に合わせたのは見事。スピラールはこれでもかとばかりに滅茶苦茶喜んでた。近くにいた夫婦連れが「前にも得点決めたよね?」って言ってたけどこれが来日初ゴールだ。しかしこのご夫婦、特に奥様のおしゃべりがなんとも絶妙で、ひとりの観戦も全然退屈でなかった。感謝します。パク・チソンをパク・ヨンハと言ったり、佐藤寿人を佐藤弘道(体操のお兄さんね)に間違えたあたり素敵過ぎました(笑)

玉田が杉本に替わった後すんごいミドルを蹴った。あれが決まってたらなぁ。他にもヨンセンがらしくなくはずしたり、惜しい部分ありまくりだった。しかし試合が進むにつれ、猛烈に寒くなり、半そでで頑張るヨンセンとスピラールはやっぱ寒いとこで育った人なのねぇなんて関心した。ヨンセンはあの極寒と言われる鹿島スタでも半そでなのかな・・・

パウリーニョがちょっと怖かったけど、なんとか楢崎のファインセーブも光って京都を無得点に抑える。最後は選手や監督、コーチだけでなく、名古屋から来ていたグラスタッフ勢ぞろいで万歳をしたあたり、今シーズン苦難を乗り越え7位に入った感慨深さを感じた。秋田にもご苦労様と言いたい。

いろいろ大型補強の噂もあるけど、どうなるのかな・・・やはり世間で言われるように右WBおよび右SBができる人材を補った方がよさげだけど、若くて前途ある右サイドのできる若手はグラには来てくれないかも。ともあれ、2007年は今年以上に飛躍を期待したい。
[PR]
by chloe7513 | 2006-12-05 21:43 | Nagoya-Grampus

スポーツ選手とプチ改名

このシーズン、Jリーグの戦力外のニュースをよく目にする。

サッカー選手はプロ野球選手に比べ、芽が出なければひとつのチームに居続けるのは難しいし、選手生命も短い。年俸も多くない。引退後の職業にしても引退したらみんなコーチや監督、解説者になれるわけでもない。

私は姓名判断に興味がある。生まれながらに授かった宿命は変えることはできないが、名前の画数は後天運を左右すると言われている。

サッカー選手はプロ野球選手に比べて改名してる人が少ないと思う。Jリーグの登録に規定があるせいかもしれないけれど、プチ改名くらいならばいいのかもしれない。

ぱっと思いつくだけで 楢崎正剛→楢﨑正剛 反町康二→反町康治くらいかなぁ・・・。清水戦に行ったとき、オーロラヴィジョンに出た森岡隆三が盛岡隆三になっててびっくりしたけど。あれは単なる間違いだったみたいね(苦笑)

明日の見えない浮き沈みの激しい芸能界やプロスポーツの世界で、名前はとても大事だと思う。才能と努力だけではどうにもならないこともあるのだから。
[PR]
by chloe7513 | 2006-12-02 00:42 | football