<   2006年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

朝から雨というのはわかってたけどまさか中止になるとはね。

藤枝総合運動公園に知人の車に乗ってたどり着くも、一般の観客の車は駐車場は使えないとかでいったん駅へ向かい、途中西友があったのでそこへ車を止める。広い通りでタクシーを拾って改めて試合会場へ向かった。でそのタクシーの運ちゃんが妙に面白い人だった。以前中山雅史の父親(所謂ゴン父)を乗せたことがあるそう。どこかで見た顔だとおもった運ちゃんは「中山さんかね~?」と聞いたら「わかるかね~?」と答えたそう。藤枝の方ってなんだか独特の話し方。ゴン父は藤枝によく飲み来るそうでちょくちょく乗せるらしい。あと名波の実家を見に来た仙台の女性や桂三枝、歌丸だか喜久蔵だかを乗せたとか話してくれた。

たどり着いた試合会場はずっと雨でピッチには大きな水溜りが。左サイドは水しぶきがすごくってもうなにがなんだかわからないといった状態。ドリブルやパスはもちろん繋がらず玉田は多角ボールを蹴り上げて前に繋ごうとしていた。新人の片山も必死で動くんだけど思ったようにボールが蹴れない様子でちょっとかわいそうだった。

あとなかなかキム兄ことキム・ジョンウは使えるのではないかと思った。あれだけの水たまりのなかでも確実にパスを前線に供給していた。

直志のパスから杉本がシュートを決めるが少しづつ磐田ペースになっていくが結局大雨のために結局中止。ハーフタイムも雨の中我慢していたんだけど。

服は車の中で乾いたけど靴と靴下は家に戻ってもずっとぬれたままだった。ま、こんな日もあるよ。風邪ひかなかったしね。
[PR]
by chloe7513 | 2006-02-27 20:49 | Nagoya-Grampus

ボルドウィン・井上ペア

夜中まで起きていられず、結局朝のダイジェストでしかフィギュア・ペアのフリーを観ることができなかった(泣)もちろん気になっていたのはアメリカ代表のボルドウィン・井上ペア。なんか昔の槇村さとるの漫画、「愛のアランフェス」っぽいんだもん(けっこうこの漫画好き)。で実際彼は恋人同士らしい。井上さんもおきれいな方でした~。

そういえば世界クラブ選手権はJリーグの優勝チームも出ることになるらしい。でももしJのチームがアジアCLのチャンピオンになっても別枠になるのかな?しかしアジアCLとJリーグチャンピオンが同じチームだったら2位のチームが出るのか?ともあれ世界の強豪クラブと合間見えるチャンスができたのはオメデタイ。
[PR]
by chloe7513 | 2006-02-14 23:12 | etc.

冬季オリンピック2日目

男子ハーフパイプが日本代表全て予選落ちがなにげにショックをうけてる;同郷の上村愛子さん(でも生まれは兵庫だったのね)も5位に終わってしまったし。

Jスポーツのスノボの大会で滑るのを初めて見て、その後オリンピック関連番組で気になった成田童夢ってボクシングの亀田3兄弟とかむっちんみたいなキャラだな~って思ってプロフ見たらやっぱり大阪の子だった(妹のメロも負けじとキャラが強い)。彼は笑うとスギーニョだわ(笑)

本番の滑走前の気合の入れ方とかどの選手よりキャラが抜けてた。これも大阪人ゆえなのか。技よりも口が先行してるなんて言われないくらい、すばらしい滑りを今後期待したいものだ。

あと他のウィンタースポーツに比べてスノボのハーフパイプはエンタテイメント性の強い競技だけど、他の国の競技者を見てもここぞという時に実力を発揮できる選手って少ないものだなぁと感じた。スノボの世界は全然知らないけれど、それだけ他の大会とは違うプレッシャーを感じるものなのかなと思った。
c0071983_20501019.jpg

[PR]
by chloe7513 | 2006-02-12 21:37 | etc.

早朝に起きてオリンピックの開会式を観る。けっこう開会式好きだったりするので。
イタリアならではのゴージャスな演出にびっくり。「イマジン」歌ったピーター・ガブリエルは歳くって顔が丸々として最初誰なのかちっともわかんなかった;

そして小倉隆史の引退。自分がグラサポになる前にグランパスからいなくなったのであまり多くは語れないけど、FC岐阜に来てひょっとして間近で彼のプレーが観られるのでは・・・なんて思っていたけどそれも叶わなかった。

昼には日本代表の親善試合。会場はなんと野球場。後半には頑張りがあったけど、相変わらずわくわくするサッカーから程遠い。近くで高校を建設してる影響でUHFの放送局の映りがわるくそれもあってイライラ。

そしてグランパスは柏戦に続いて京都にも負ける。主力に故障者が多いからしょうがないし、まだ調整の段階だからと言い聞かせる。調整の試合で大勝して、リーグ戦が開幕してから負けたほうがもっと惨めじゃないか?
[PR]
by chloe7513 | 2006-02-11 21:13 | etc.

朝パソコン立ち上げてこのニュースに仰天。ついこの前まで元気そうにTVに出てらしたのに・・・なんでもアフリカ選手権を取材中風邪をこじらせ、たんを喉につまらせたとか・・・病気というより突発的な事故のような感じ。

インテルファンでもないし、セリエAよりプレミアファンな私だけど、スカパーの情報番組で見せる富樫さんのお茶目さが好きでした。解説中のなにげないだじゃれも。

スカパーに加入してから富樫さんのことを知った私だけど、某スカパーの番組で富樫さんのことを取り上げていたのを見て、彼が日本のサッカージャーナリズムに多大に貢献したことに深く感銘いたしました。

で、この人グラの中村直志がお気に入りで代表にも押してたんだよな~。あと2005年のJリーグのベストイレブンにも推してたっけ。直志本人が富樫さんを知ってたかどうかはわかんないけど。あんなに直志を高く評価してくれる全国区のジャーナリストは富樫さんだけだった。

あのだじゃれをうけつぐ解説者はいるのだろうか?前柏レイソル監督の早野宏氏しか思い浮かばないけど。とにかく富樫さんのご冥福をお祈りします。

あとびっくりニュースといえば元グラのマルケスが横浜Fマリノスへ移籍とのこと。いろんな事情があって一時日本を離れたけれど、今度はグラの敵になるのね・・・複雑(泣)
[PR]
by chloe7513 | 2006-02-08 21:08 | football

プライドと偏見

ジェーン・オースティン原作の「プライドと偏見」。いや~けっこう面白かったですわ。時代は18世紀のイギリスなのに妙にリアルに理解できる部分が結構あった。それだけ女性の人生にとって結婚って大きいものなのか。

たとえばこの時代女性には相続権がなかったがゆえに結婚に女性の人生が大きく左右されるため、主人公の母親は娘たちの結婚に躍起になるけれど、現代だって結局売れ残れば子供も産めなくなるし、容姿も衰え恋愛や結婚の機会は減っていく。現代でも人間である以上なにかしらの制約に振り回されてるものである(そういうことに左右されない人もいるでしょうけど・・・)。

物語は「結婚」をキーワードに展開していくけれど、たんにめでたい玉の輿結婚を賛美するのではなくそこにいたるまでのプロセスや人間関係のあやが実に巧みであった。特にエリザベスの母と末娘のリディアのあけすけぶりがなんともいえない。今でもこういうキャラの人って東西問わず居るなって思うけど、あの時代のあの階層の女性としてはどこか異様な品のない人物として映ったろう。

自己表現の下手なダーシーと知的だが頑固で勝気なエリザベスが本能では惹かれあってるにうまくいかない。同じくイギリスが舞台だった「眺めのいい部屋」も主人公とその相手も本能的に惹かれるけれど身分違い(こっちは女性の方が上流)を意識しすぎてうまくいかない。「眺め~」の方が時代的にはもっと後だけど、女性の個人的な感情や感覚で恋愛がうまくいかない「プライド~」の方がむしろ今の感覚に近いかも。むしろ階級を意識するのは男だったりする。そういえば「眺め~」の原作者は男だし。

キーラ・ナイトレイにとってこのエリザベス役は彼女にとっての代名詞になるくらいはまってたと思う。彼女自身エリザベスのように知性のある女優だし。ジェーン役のロザムンド・パイクはオドレイ・トトゥ似のかわいらしい女性。それほど存在感のある役ではなかったので、もっと違う役で彼女を見たいと思った(ほんとは金髪じゃなくてブルネットか?)キャサリン夫人役のジュディ・デンチはもうこの手の作品にはかかせない方。今回はちょっとヤな役で登場場面少ないけど絶対的な存在感。ダーシー役のマシュー・マクファディンはきっとコリン・ファースとなにかと比較されてきっと大変だったろうなと内心思う次第;ちょっと憂いのある表情がダーシー様って感じでしょうか?なんとなくジョン・キューザックにも似てる。あと映画観て帰る時エレベーター待ってるカップルの女性「ほら、あの人ジャック・バウアーにそっくりでしょ?」男「え?出てないよ?」「お父さんだって!」という会話笑えた。
c0071983_22373647.jpg
この映画の完成度もさることながら「プライドと偏見」(高慢と偏見)という話自体に興味を持ってしまった。これ実は私の出た大学で講義あったんだよな(遠い目)。で、まだ未見の90年代に作られたBBCのTVドラマ版がなんとしても見たくなった。でもいまだにレンタルビデオ屋に置いてあるの見たことないだよな~;これが放送された当時コリン・ファースは日本の「冬ソナ」のヨン様並の人気があったらしい。なるほどね。あとこれが元ネタの「ブリジット・ジョーンズの日記」も観なくちゃね。
[PR]
by chloe7513 | 2006-02-03 23:43 | cinema