<   2005年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

第21節 名古屋×浦和

水曜日のあの手痛い失点でドローになってしまったFC東京戦から3日経って。

なんだかな~ルイゾン影薄し。前半は右サイドで井川が駆け上がって杉本が頑張ってた感じ。左からの攻撃があまりなく単調。一方浦和は新加入のポンテが自在にボールを操り、フリーにさせるとかなり危機感がつのった。最初の失点はCKから楢崎がはじいたボールをいれられてしまう。そして今度は流れの中でポンテをフリーにしてしまい、新加入のマリッチに得点さてれしまう。これで試合のカタがついてしまったような気がした。一度ルイゾンが突破をはかって(彼の最大の見せ場だった?)クライトンにパスが渡っても持ちすぎてあっけなく浦和側にボールをとられてしまうし。ああいう場面でもっと早く判断してパスまわせんのかと・・・

この日一番盛り上がったのは前半終了間際のPKだったかな。これを決められていたら前半で3失点というみっともないことになっていただろうし。楢崎の意地でなんとか止めることができ、冷静に試合を観てた私もちょっと嬉しかった。

そんなこんなで後半になって秋田入れて3バックにシステム変えて、前半クライトンのカバーのためか下がり気味だった藤田に替えて本田が入る。渡邊がベンチに入っていたら中谷に替えて欲しかったんだけど・・・本田は積極的にシュート打ったり、ルイゾンにいいパス出したけど、なにせ仕事するはずの方がまた判断が遅くてシュートが打てず。私はなんだかルイゾンがずっとこのままでいたらどうしようかと本気で心配してしまった。やっぱマルケスっていい選手だったねと過去を振り返ってしまったり・・・(ネガティブ;)。

やはりアン・ヨンハは怪我から復帰して、その影響を感じさせずがんばってた。中盤を支えて、その安定ぶりが光ってたのでこんな負け方をしたのがふがいなかった。
あと次節は控えに豊田と渡邊入れて欲しいと思った。

あとよく最近ネルシーニョがダメと言ってる人が多いのだけれど、全てを彼のせいにできるかと言うとそうでないような気がする。戦術がうまくはまって負けそうな試合でもなんとか引き分けで終わらせたり、うまく勝てる試合もあったし、それなりに手腕はある監督だと思う。しかし育成型タイプの監督でないと、徹底したコンセプトがこのチーム自体に身に付かないような気がする。そういうものを浸透させないまま今に至ってる気がしてならない。ベンゲルの「勝利のエスプリ」を読むと、ベンゲル就任時にあった問題点と今とではそれほど大きな違いってないかもしれないと思ってしまう。欧州出身、ユース年代の監督を何年かやってからトップチームを率いた経験のある監督でメンタルな部分の問題解決や基礎からみっちりと細やかな指導の出来る人が個人的には望ましいと思うのだけど(高望みですわね・・・)。とまぁ、これはかなり先のお話。次の横浜戦もかなり心配で、また辛い日々かなぁ。

「ぼくのプレミアライフ」のなかの記述に「降格するには強すぎて、優勝するには弱すぎる」というのがあるのだけれど、今のグラにこの表現がはまりすぎちゃっててどうしようもない。
[PR]
by chloe7513 | 2005-08-27 23:24 | Nagoya-Grampus

第19節 神戸×名古屋

試合は観にいけなかったけど、負けたようで・・・

何故かいつも中断期明けは調子の上がらないグランパス。なんでだろ~、チーム全体低血圧?もちろん新加入選手や怪我から復帰選手もあったりとまた微妙に選手が入れ替わっているのもあるんだろうけど。でも他も同じような状況にあるチームもあるのに。
勝っていれば鹿島もG大阪も負けたて浮上するチャンスを掴めたかもと思ったんだけど。

次の試合がホームならなんとかなりそう、と思うけど次節はあまり相性のよくなさげな味スタなんですねぇ。このままズルズル連敗は辞めて欲しいよ;
[PR]
by chloe7513 | 2005-08-20 21:22 | Nagoya-Grampus

Dearフランキー

以前この映画の予告編を観た時、ぼけっとしていたせいかアメリカ映画と思い込んでいた。でもう一度ネットでこの映画のことを知ったとき監督が30代のイギリス人女性監督と知って観たくなった。冬に観た同じくイギリス人女性監督の「キス・オブ・ライフ」がかなり当たりだったので。女性ならではの感性とやりすぎない演出。特に家族をテーマにしたものだとベタベタしがちなのがなぜか落ち着いてみることができた。もちろんそれはこの映画にも言えること。

暴力夫から逃れて住居を転々とする母子とその祖母。そして何故かこの母は息子に不在の父親のふりをして息子と手紙のやりとりをする。その事がこの息子を前向きに生きさせてこられたのか。耳のあまり聞こえず、声を発しない息子とのコミュニケイト。しかしこのアイディアを思いついた母リジーは相当文才があるとみた。若い頃相当な読書家だったかもとか。普通の人なら書くことが面倒になるかも?

しかし父親が乗ってるという船が実際に寄港するということがわかり母親は本当のことを言うか、「父親役」を探すか悩むことになり、結局後者の道を選ぶ。後者をとる方が大変なことになりそうなんだけど、これも母親の愛情の現われであると同時に、彼女は本能的に「誰か」と出会うことを密かに願っていたのか。そういう微妙な部分も女性の気持ちとしてちょっと理解できる。

配役もすごく良くって母親役のリジーを演じたエミリー・モーティマーはソフィー・マルソーにちょっと似ていて30代だけどすごく可愛い。あと「父親役」を演じることになった男にはジェラルド・バトラー。男っぽくていかにも船乗りという風貌がいい。なにげに紹介された見ず知らずの男だったけれど、実はかなりいい人。でも過去に男性に対してトラウマがあるリジーはなかなか心を開けない。

ラストはいかにもハッピーエンドではなかったけれど希望を残す終わり方がよかった。とにかく練りに練ったと思われるストーリーのプロットと脚本がきっちりしているところが素晴らしかった。できれば「父親役」の男性(結局本名は出てこなかった)の素性をもう少し描いてもよかったかもしれないけれどそうなると、この映画の持つ品のよさが失われてしまったかもしれない。
c0071983_20421863.jpg

[PR]
by chloe7513 | 2005-08-19 00:19 | cinema