<   2005年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

星になった少年

夏休み、親子で楽しめる象使いの少年の感動ストーリー・・・ってなイメージが先行し、もし主演が柳楽優弥でなかったら見なかったかもしれない映画。

ちなみに彼が去年カンヌで主演男優賞を獲った「誰も知らない」は見てない。この映画を名古屋で唯一公開していた映画館が、自分が行った時はいつも満員であったため見ることができなかった;近所のビデオ屋もつぶれたしまったし、ビデオでも観てない・・・

まずキャストありき。これがただ上手い子役あがりの俳優が演じていたらただの感動できるいいお話ですんでいたかもしれない。それだけ柳楽優弥の存在感が大きい。日に焼けた肌とするどい目つきがタイの自然の風景にすんなり馴染む。

実在の人物、坂本哲夢氏を演じている訳だが、ごく普通の人生を生きてる人からすればかなり特殊な人生を歩んだ人物。それは彼が本当に純粋でまっすぐな人格だったからに違いない。役者経験がまだ少ない柳楽優弥がそれを演じることで、その風貌も手伝って、リアルな説得力が生まれる。タイでの生活も彼が送った生活をそのまま追体験しているとしか言いようがない。

柳楽くん、中学ではサッカー部に所属していたとあってボールの扱いうまいね。普通にサッカーボールでリフティングするシーンもあり。ついでにセパタクローもタイ人の少年たちとやってたり。で、この若さでこれだけ存在感の出せる俳優も珍しい。なんか久しぶりに「未完の大器」といえる俳優さんですなぁ。

常盤貴子は柳楽優弥の母親を演じるにはまだ若くて、最初画面に出てきたときは歳の離れた綺麗なお姉さんにしか見えなかったけれど、仕事に生きる一本気な女性をよく演じていたと思う。逆に言えば歳の離れた姉弟に見えないというのがこの母子の特徴だったのかも。なぜなら子供がいても、仕事に励んでる女の人って生活感あまりない人けっこういるし。

そしてなんと言ってもゾウの演技。母ゾウとの別れのシーンで子ゾウが涙を流すのと、滝に落ちた柳楽優弥を助けるシーンにはやはりじんときてしまった。やはりどんな名優も動物には勝てんのかと思ったり。

夏休み親子で見るのもいいけれど、人生なにかにつまずいたり迷ってる人に見て欲しい映画。

c0071983_2224452.jpg
[PR]
by chloe7513 | 2005-07-28 22:29 | cinema

第18節 名古屋×磐田

前節のふがいない出来にちょっと心配だった磐田戦。が、やはり今季は「瑞穂マジック」(なんだそりゃ)が発動中なのか不思議と負けてない。豊スタは負けてるな・・・

で前半はけっこう磐田ペース。ボール持つととにかくゴールに襲い掛かってくる。この日ジーコのチェックも入ってた村井。SBデビューから日の浅い杉本にはちと酷な対面相手か。でも彼もけっこうあがってた気するけど。しかし先制は名古屋。直志が得点。流れが磐田よりの感じだったのでこの得点は嬉しかった。いつもだと(?)先制しても追いつかれることがしばしばあったけけれど、楢崎の好セーブ(というかこの日は神懸かってた)や相手のミスで得点は奪われることはなく。きっと楢崎は川口意識してたと思うし。最近の楢崎の出来ではこの日が一番よいと感じた。

でも前半は攻撃が右に偏りすぎてた。本田も本来の位置でのプレーだったけど、外に開きすぎてて動きもまったり・・・

後半になっても磐田が名古屋のゴールをこじあけることはできず、また直志が今度は本田のスルーパスから得点。直志のFW登録の時ってそれほどって感じだったけど裏にうまく抜けたというか。試合後本人も自信に満ちた顔つきだった。本田も後半の方がよかった。ポジションセンジは監督に言われたことらしいけど。あと全体の動きからいうと磐田の方がスピードがあったように思う。

中断明けは岡山。いよいよルイゾン観られのか~。ただ中断明けっていつもエンジンかかるの遅いからそれもまた心配だったりして。
[PR]
by chloe7513 | 2005-07-26 00:40 | Nagoya-Grampus

第17節 新潟×名古屋

本日はスカパーでTV観戦。

前半はただボール持たされてるだけという印象。効果的なシュートはほとんど新潟。後半は2トップを変えて攻撃に変化をつけた感じ。交替で出た豊田がバイシクルシュートを打つけど、この日野澤の好セーブ連発だったので悲しいかな阻まれる。杉本のシュートもサイドネット。交替で入った渡邊がいいアクセントつけるんだけど・・・それに比べて新潟はうまくFWにボールが渡って速い攻撃しかけてくる。DFが対応しきず失点ってな感じでふがいなかったわ;

それと直志だけにCK,FK蹴らすのは大変そう。鹿島戦では本田も蹴ってたし。第1節の千葉戦で本田のCKから古賀が得点したこともあるし、使えるものは使いましょうよ。

グラってこういうお客のいっぱいいるアウェイのスタでは勝てない印象がある。精神的なものが大きいのかな~;まぁそれは今季の新潟もそうなのかな(客の少ないスタでも勝てないという点ではグラと違うかもだけど)。アウェイで勝てないそうな。次は勝っておくれ・・・
[PR]
by chloe7513 | 2005-07-18 00:01 | Nagoya-Grampus

第16節 名古屋×鹿島

昨日の瑞穂は7月の割りに涼しくて試合開始前にはかなり風が強くなっていた。GKとかFK蹴る時はさぞ大変だろうな、なんて思ったりして。

試合開始今回もFW登録の本田が積極的に攻める。体をはって前に飛び込んでそうそうにPK獲得!PKは直志が曽ケ端の逆をつき、1点先制。なにせ独走状態の鹿島には負けられないのでこの先制点は貴重。というか最近は対戦相手に先制点許していたしね。前半終了直前にもシュートが決まったと思いきやこれはオフサイドの判定。残念。小笠原もFK蹴ったけど疲れもあってかあまり精度が感じられなかった。

後半になると本山が2枚目のイエローで退場。このあとも本田や楢崎もカードを貰ったりとカード大売出し。って審判柏原さんでしたかぁ。古賀もリーチかかってるし気をつけないとね。

まず井川と中山を交替させ、杉本を本来の位置に入れ、シュートを積極的に打っていた本田を豊田に交替。これが功をなし、なんと入団2年目の豊田が2得点。お膳立ては杉本、中谷。豊田は得点を入れる前に決定的なところをはずしたのでちと不満だったけど、再びめぐってきたチャンスはものにした。豊田の2点目、スペースに走り込んだ中谷からのラストパスをここぞとばかりに決めてくれた。

もちろん藤田も中盤でボールを落ち着かせていてよかったけれど、若手が伸び伸びと試合してる姿がとてもよかった。この状態が続けばルイゾンはいいかも?なんて思うけれど、まぁこの先まだいろいろあると思うのでやはり助っ人はいた方がいいか。

去年のウェズレイ、マルケス2人で攻撃してるサッカーより今の方が見てて楽しい(大宮戦の前半は除く)。連携もだんだん良くなってきてるのがさらに嬉しい。あと中谷と杉本見てるとサッカーってほんと足が重要なのね・・・と思う。大森が復帰したらどうなるんだろ?

そういやセリエAのレッチェのスカウトがこの日小笠原見に来てたいとか。本山が抜けた分奮闘していたけれど、グラの選手にも注目してくれたらなぁって思った。
[PR]
by chloe7513 | 2005-07-14 21:13 | Nagoya-Grampus

仕事で試合開始に遅れ、スタに入ってピッチが見えるところまで来たら調度奥がFKを蹴るところだった。

前半は吉村の惜しいゴールや直志のいいFKがあったけど決まらず。増川のびっくりFKも榎本に止められる。あとでスカパーの録画を見て知ったんだけど、この日は若い榎本だったらしい。大宮戦から杉本ががんがん右サイドを切り裂く。シュートも狙ったけどこれも惜しくもはずれる。

試合は前半では動かなかったけど、後半に恐れていたボンバー炸裂で;でもその後本田を起に前に走り込んだ中谷がいいクロスを上げ藤田のアクロバティックなゴールを決める。これよりもあとも強烈なシュートを打つけどこれも榎本にはばまれる。この日はかなり榎本があたってたっていうのもあった気がする。ボールもけっこうグラが支配していたし、引き分けは惜しかったなと。その当たってた榎本に比較すると楢崎がちょっと不安定で心配だった。ピッチがスリッピーで映像で見るとけっこうぼこぼこだったってのもあると思うけど。

あと前線でもっともっと噛み合って欲しいと思う。クロスの精度もけっして満足できものではないしね。ルイゾンが来るまでにはこなす試合も多いし、もっと固まると思うけど。疲労も気になりますが。試合後杉本、両足のふくらはぎアイシングしてたなぁ・・・

次はちょっぴり怖い鹿島戦。そういえば以前秋田が移籍してきた時に茨城は涼しいので夏場の名古屋の試合はきつかったみたいなこと言ってたっけ。水曜がうんと蒸し暑くなればけっこう有利!?
[PR]
by chloe7513 | 2005-07-11 00:31 | Nagoya-Grampus

ラヴェンダーの咲く庭で

マギー・スミスとジュディ・デンチ。あの懐かしい「眺めのいい部屋」コンビなんだよなぁ。この2人舞台での共演もたくさんあるとか。痩せていて背の高いマギーと背が低くてぽっちゃりしたジュディはぱっと見、姉妹には見えないけれど、同じ世界で生きてきた同士の匂いがありまする。

嵐の夜に浜辺に流れ着いた若い男性を助けたことから物語りは始まるんだけど、気のいいおばあちゃん2人が若い子を助けたというのはどうってことないけれど、彼女らは「独身の年老いた姉妹」(未婚・子供なし)であることが重要な意味を持つ。ストーリーの冒頭で水辺ではしゃぐアーシュラ(ジュディ)はどこか若い娘のように描かれている(要はここは伏線なのね)。

体はおばあちゃんであるけれど、若い男アンドレア(ダニエル・ブリュール)と言葉を交わし、彼が元気になり、類希なバイオリンの才能を見せられたとき、少女のように顔が輝く。アンドレアとの生活が長くなるにつれ、彼を理解していくにつれ、彼女の内面はますます乙女のように若返っていくのである。映画を観ている側にもそれがごく自然に受け入れられる。ジャネット(マギー)もアンドレアに惹かれるが、若い頃婚約者がいたらしいジャネットはアーシュラよりは現実的。

アンドレアの才能に惹かれて近づくロシア人の画家オルガはあの田舎に似つかわしくない「進んだ」女。最初どこかのサイトでこの映画のあらすじ読んだ時はもっと若い女の子が演じるのかなと思ったんだけど、これがフェロモンむんむんなお姉さま。アンドレアより10歳くらい年上っぽい。素朴な生活をしてきた老姉妹に反感を持たれ、映画を観てる側も「ちょっと~」と思うんだけどこれが意外に真に芸術に理解のある「いい人」でひと安心。あの色っぽい容姿だといろいろ誤解を招くのね。

バイオリンでアメリカで成功したいと願うアンドレアは結局老姉妹から旅立つ。これが同世代の若い女性ならアンドレアに着いていくんだろうけれど、現実はそうはいかない。アンドレアは老姉妹の愛情に感謝しているけれど、これが恋心とは気づいてない。

異教徒同士とか国籍の違う者同士とかラブストーリーはいろいろだけど一番残酷なのはやはりどうにも埋めようのない年齢の差なのかもしれないと思ったり。
この物語を残酷と思うか、静かに暮らしていた老姉妹に訪れたつかの間の夢ととるかは映画を観た人の価値観によって違うと思うけど、切なさに心が癒される、そんな映画でした。
c0071983_22554155.jpg

[PR]
by chloe7513 | 2005-07-07 22:57 | cinema

第14節 清水×名古屋

平日だし、TVでの生中継もなしで試合観てないですが・・・

清水に先制を許したものの前半の終わりで本田(なんとFW起用?)が、また後半に直志がゴールを決めて同点に追いついた模様。「報道ステーション」でいっちば~ん最後にささやかに直志のゴールシーンを披露。けっこういいミドル打ってた。ああいうのがコンスタントに見れたらいいんだけどさ。

なお報ステ的には日本代表大活躍!みたいな取り上げ方。大黒のインタビュー映像付き。まぁW杯最終予選や東アジア選手権の放送権を持つテレ朝だからしょうがないのか。

今節、横浜は大島が調子いいし、中澤のボンバーも炸裂してたようなのでちょっぴり不調だったグラDF陣はどう迎え撃つか?でもここのところグラホームではグラが勝ってるんだけどね。杉本の守備力やいかに?

それにしても平日なのに4万も入った新潟って;あとなにげに片桐がFC群馬ホリコシへレンタル移籍決定。嗚呼片桐・・・
[PR]
by chloe7513 | 2005-07-06 23:13 | Nagoya-Grampus

第13節 名古屋×大宮

待ってました、Jリーグの再開!大宮は観るの始めてだし。ただピクシーの御前試合では勝ちがないというジンクスが気になったんだけど・・・

はっきり言って前半はあまり意気込みを感じない展開。横パスやバックパスが目立つし、某ユースチームを思い起こすような前線への放り込み;藤田が起点となって本田がヘディングをしたところはちょっとワクワクしたけど、惜しくもはずれる。角田も余計なイエローもらってしまうし;逆に大宮にはボールを回され、何本かシュート決められそうになるし。サポにブーブー言われながら前半が終わる。

後半はなんと杉本が右SBに!角田はずして最初は3バックしたかと思ったんだけど。あまりの奇策(?)に驚いたけれど前半元気のなかったサイドの崩しがききはじめる。中谷ももう全然別人!なんでこんなに上がれたの?ってなくらい。杉本が足が速いのはわかるけれど、中谷も中学時代陸上とサッカー部をかけもちしていたらしく(ソースは「グランPa」より)いい足してるんだよね、ほんとは。まぁフィニッシュがアレでしたが。平林との相性もよかった。あの位置が本田だとけっこう自分でなんとかしようとしてしまうので、今のところ平林との方がいいのかな。キャンプでみっちり仕上げたのかも。2人で大宮のブラジル人2人と4つどもえで転んでいるのにはちょっと笑ってしまったけど(いやそれだけ息があっていたということか)。

豊田は今まで観たなかでこの日が一番よかった。動きもキレがあったし足元もよい。後半は大宮の時間帯もあったけれどいいサッカーができていた。これで得点があと1点入ってたらね。前半ダメダメだったのに後半に建て直しがきちんとできた点は監督の手腕を褒めたい。

春のマルケス・直志・本田のトライアングルが素晴らしかったのでまたあんな風にきれいなトライアングルを藤田・直志・本田で見たい気がするんだけど。7月は「HOT6」という強化月間(?)らしいので後半になって疲労してしまうのが心配だけど(また人身事故なんか起こさないでね;)、その分チームの結束が強くなればいいなと思った。

ところで今年のオールスターは10月9日とのこと。それまでにグランパスからたくさん選手が選ばれるように。
[PR]
by chloe7513 | 2005-07-04 00:42 | Nagoya-Grampus