<   2005年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧

パッチギ!

1月下旬のロードショーを見逃し、やっと今月になって見ることができた。キノシタホールさん、再上映してくれてありがと~!

60年代の様々なできごと、在日問題、南北分断、そしてやたら男くさいケンカのシーンといろんな部分がパンチがあって刺激的なんだけど、基本はラブストーリー。

主人公は気の弱そうで音楽好きな松山(塩谷瞬)。でも彼が偶然好きになった朝鮮高校のキョンジャ(沢尻エリカ)という女の子の兄でけんかにあけくれる番長のアンソン(高岡蒼佑)の方が圧倒的に存在感あった。ある意味すごく対照的な世界に住んでる2人だけどキョンジャの存在がふたりとそして日本人と在日の世界を結びつける。

またキョンジャと松山を引き合わせた「イムジン河」がほんと名曲。キョンジャの周りの人々に関わっていくうちに在日の辿ってきた道がどれほど困難なものだったか松山は思い知らされ、ただ単に恋のきっかけに過ぎなかった曲の本当の意味を知る。だからこの松山がラジオ局でこの曲を熱唱(あまり歌うまくないけど)するシーンはとてつもなくせつない。

北朝鮮が66年W杯イングランド大会でべスト8になったことからアンソンは祖国に帰ってW杯に出たいという夢を抱くんだけど、実際彼がサッカーやってるシーンはあまり出てこない。彼の通う朝鮮高校にはちゃんとサッカー部あるけどね。実はW杯に出たいと言うのは詭弁であって、日本での厳しい生活から抜け出して祖国で新しい人生を送りたいだけなのかなとも思ったり(ついでにこのW杯のことについてはこういう映画も↓配給は「パッチギ!」と同じシネカノン)
http://www.cinematopics.com/cinema/works/output2.php?oid=6114

松山に「イムジン河」について教えた坂崎役のオダギリジョーがほんのりよかった。物語の最初は知的な音楽青年だったのになぁ~。久しぶりに松山が坂崎に会った時のシーン、一瞬先々週観た「バッド・エデュケーション」が頭をよぎったがなんのことはない、はじけたピッピー兄ちゃんになっていただけのことだった。まぁそのはじけっぷりいい味だしてたけどね。あと毛沢東を「“けざわひがし”じゃないからな!」っていう松山の通う高校の先生、絶対実際居たはず(笑)このセンセもかなりはじけてました。

韓国や香港の青春映画にひけをとらない秀作。特にキョンジャ役の沢尻エリカちゃんは韓流女優に負けてないって思った。
c0071983_014386.jpg
[PR]
by chloe7513 | 2005-06-24 00:13 | cinema

はぁ~なんだかな。今回はグラの本田がU20に入れてそこそこ楽しみにしていたのに蓋を開ければこの世代のふがいなさを感じるばかりだった。それは最初壮行試合のチリ戦を観たときから結局払拭されなかった。

モロッコ戦は確かに予選よりもカレンなど積極的だったし、左右のバランスもよかったし、平山へのクロスも入っていたし。でも結局最後まで諦めなかったモロッコが勝った。それだけ勝利への欲求がモロッコの方が上回っていたということ。

今までさんざ書いてきたけど個の勝利への欲求、強い闘争心というのを足りないU20だったけど、それを養うのは実戦でしかない。高校でも大学でも試合はあるけれど、レベルの高い選手と闘えるのは自国のプロリーグしかない訳で。今このチームできちんとレギュラーといえる選手はそれほどいない。それぞれ頭角は表わしているとは思うけど。

たらればを言えば無理があるけれどもし、本田がこのチームで学年が今よりひとつ上でJでの経験があと1年多くあったら全く違うチーム、違うサッカーになっていた可能性もある。

終わりはまたひとつ始まり。特にJリーグのチームに所属している選手はレギュラーを掴み、その世代を代表する選手に育ってもらいたいもんである。水野や家長、水本はもっと伸びるだろうし。大学生選手は正直わかんない。伸びることもあるだろうし、潰れるかもしれないし。ま、その辺のフォローは偉い人達がいろいろ考えてるんでしょうなぁ、きっと。
[PR]
by chloe7513 | 2005-06-22 22:06 | football

という訳で日本勝てました~。というかギリシャってこんなにゆるいチームだったけ?W杯欧州地区予選の不調がそのままひきずってしまったのか?ザゴラキスもいなかったしね。やはり決めたのは大黒。試合後のコメント読んでもいかにずぶとい男なのかよくわかる(どうでもいいがパナソニックのCMにはビックリしたよ)。

それにしてもA代表もユースも実践で使える選手(闘える選手)をもったいぶってスタメンに使わないのはなぜ~?さすがに大熊監督は反省したのか水野を先発にと考えているらしい(今更って感じも・・・)。

ところでギリシャ代表のブリーザスってセルタの選手だったのね。04-05シーズンのセルタを見ることはなかったので知らなかった。きっとゴタゴタの後に昇格が決まって嬉しかったとは思うけど、スペイン2部でけっこう消耗してしまったんですかね・・・怪我もあったようだし前半で交替。来季はセルタに残ってくれるのかな?それとは対照的にザゴラキスのいるボローニャはプレーオフで負けてセリエA降格決定・・・。

ほんと国によってはリベルタドーレスとか諸々の事情でフルに選手集められなかったりするのよね。そういう意味では日本はリーグ戦お休みだし恵まれてるか。なので思いっきり試合に集中できるということで大一番のブラジル戦ではいい試合見せてくれ。
[PR]
by chloe7513 | 2005-06-20 21:33 | football

正直言ってほんとに今回のWY日本代表にはがっかりというか。いえ、予選突破はメデタイけれど。

多分平山も兵藤も練習ではいい具合に行ってるんだろうな。それが大熊監督の狙いが練習でうまく行ってて、それでスタメン起用。でもいざ試合になると練習どおりにはいかない訳で。

放り込みも攻撃のオプションとしてはありだけど、もっと攻撃のバリエーションや個人の能力も考慮しないと。

前田のシュートはある意味執念のようなものを感じたけどね。

決勝トーナメント、モロッコ戦でスタメンを思いっきりいじくることはしないと思う。水野スタメンはひょっとしてあるかもしれないけれど。それから先は戦術どうこうではなく、選手の気持ち。誰もが「オレがチームを引っ張らないと」って思うくらいじゃないとね。

あともっと観ていて気持ちいいサッカー目指して欲しい。育成が大事なのはわかりけれど、「今のU-20ってこんなにスゴイのか!」と思わせる試合の出来るチームにしてください。もうちょっとで負けそうになって試合の終わりがけで必死になる姿は感動的ではあるけれど・・・。あ、これってひょっとしてA代表も一緒かぁ。
[PR]
by chloe7513 | 2005-06-19 21:05 | football

おおう;夜のうちに更新を・・・と思ったらブログが開かなかった;

で、ユース&A代表。眠いのを必死でこらえて観たんだけど。

ユースはなんとか引き分けたものの(それでもなんだかな~な試合展開)、A代表はメキシコに惨敗。ユースよりも注目度の大きいA代表は大会後何かひと悶着ありそうな気がしてならないけれど・・・というかもう始まってる?

ユースもこれ以上勝てないようだと大熊さんも危ないんじゃないかなぁ?放り込みサッカーでさすがに育成と言えるかどうか・・・熱いところは好きなんだけれど、采配に関してやはり疑問が残る。オーストラリア戦はどうしても落とせない試合になったね。ベナン戦より観ていてぐっとくるものが多い試合にしてよね。それにしても巷の水野、家長の評価はうなぎのぼり(かな?)。ほんとは本田がそういう存在になって欲しかったけどね~。まぁこればっかりは。家長ほんとよかったもんね。本人はのほほんとした兄ちゃんだけど(本田と同じ誕生日なので同じような性格かと思ってた)、水野同様、ピッチで勝負できる選手だわね。

ついでにもし日本がAグループ3位になって決勝トーナメントに進んだら、当たるのはスペインでございます。ほほほ;(や、かなり今のスペインチーム観たいけどさぁ)c0071983_2238251.jpg
[PR]
by chloe7513 | 2005-06-17 22:38 | football

ユースをねらえ!

やはりというか巷では日本代表のW杯行きのチケット掴んだことがことが大きく取り上げられている。今日コンビニで見かけた「AERA」も表紙はヤナギさんだったし。スポーツ新聞コーナーにもW杯出場決定の記念に出された新聞社が出したグラビア雑誌が置いてあったし。

しか~し。やはりグランパスの選手(この場合楢崎)が試合に出てなかったのもあって、W杯にいけること自体嬉しいけれど、ちょっと冷めた見方もしてしまって。熱心にクラブ応援してるとそうなってしまうものかねぇ?代表もグラも大好き!ってな人もいらっしゃるとは思うけど。せめて北朝鮮戦はヨンハは仕方ないにしても、楢崎出ていて欲しかったな~。

で、そんなこんなでA代表よりWYに私の関心ははっきり言って向いている。まぁコンフェデもきっと観るだろうけどさ。

まだ技術も精神面もA代表には追いつけてないけれど、19歳、20歳の伸び盛りの選手がどう成長していくか見ものだったりする訳で。あと対戦相手にもまだ世界的に知られていない選手の登場にびびったりとかね。あと単純に今季グラサポの心をわし掴みにした本田の存在が大きい。緒戦のオランダ戦もスタメンが危ぶまれたが、国歌斉唱する姿は無事拝めた訳だし。ベナン戦はひょっとしてFC東京の梶山にポジション奪われそうで危機感ありありなんだけど。わりとWY関連の情報番組でも一般の視聴者で本田に期待してる人のメールが読まれて嬉しかったし(あ、その方もグラサポかもしんないけど)。

話は変わって、この世代で上に上がるものもいれば消えていってしまう選手も確実にいる訳で。特に大学生がいるという時点でなにか日本はハンデがあるように思うのだが・・・いくら潜在能力が高くてもね。平山ってこの先どうなるのかな~?とか。兵藤なんかも大学の授業もたくさん取ってるらしいし。もちろん大卒でもJリーグで活躍している選手は多いけれど、こと海外になると大卒者はいなさそう。少なくとも今現在の主要な欧州リーグではいない(過去に藤田やグラOBの森山さんとか大卒選手でも海外に行った人はいるけど)。もし平山や兵藤が本気でワールドクラスの選手目指したいと思うのなら、学校でお勉強もやりつつサッカーも・・・ってことでは遅いような気も。余計なお世話かもしんないけど。
c0071983_22234218.jpg

[PR]
by chloe7513 | 2005-06-13 22:27 | football

前半はほとんどオランダペース。中盤は支配されアーセナルのクインシーの爆発的な突破力で2点を献上。アビスパでようやく試合に出始めた中村には思いっきり酷な対面相手だったかな・・・クインシーもアーセナルの試合ではFA杯含め、2試合しか見てなかったけれど多分その時はCFだったと思うので左であんなふうに生きる選手だったのは驚き。

とにかく前半だけ観ていた時は4-0くらいで負けるんじゃないかと思った。オランダのサイドからの展開と日本はロングボールの放り込みで中盤は機能せず。前半は本田はほとんどボール触れてなかった・・・ただファウル覚悟でタックルしかけたり、スルーパスを前線の選手に出したり、後半では自らヘッドでシュート打ったりと、いつもの本田らしさもあった。ようやく後半でボールを持てるようになって交替したのがほんと残念。水野が入ったのはよかったと思うので別の選手と交替させてもよかったかなと。あとカレンもスタメンで使うべきだったのでは?

結果的には負けてしまったけれど善戦したと思う。ただ開催国相手に完全アウェイの雰囲気に飲まれたこと、やはりどこか相手を怖がっていたかもしれない(プロやとしての経験が何人かのオランダの選手より少ないし)姿勢の弱さが残念。ヒデがW杯予選でシステム云々より1対1で負けないことが重要みたいなことを言ってたけれど、それはこのままこの試合にあてはまると思った。

オランダ×日本より試合展開にゆるさを感じたベナン×オーストラリア。ベナンには強烈な選手がいないように感じたので次の試合に期待。ベナン相手なら本田も中盤で機能しそうな気もするけどね。やはりグラでの彼と代表の彼とではポジションや違うからしょうがないけれど、もっと彼のよさが出るポジションで観たいんだけどな・・・。

解説の倉敷&川本コンビも本田の戦う姿勢を評価していたね。このコンビだとオランダよりになりそうな気がしていたけど、やはり最後は日本応援モードになってましたな。個人的には倉敷さんに本田褒められたのが嬉しかった(笑)
[PR]
by chloe7513 | 2005-06-11 12:58 | football

バッドエデュケーション

正直私はあまり同性愛を扱った映画を観ることには抵抗はない。というか逆に禁断の愛に何か言うに言えないスリリングさを感じてしまうのでその昔は「モーリス」とか「アナザーカントリー」とか(なんか懐かしいぞっ)はっきり言って好きでした。

でももっとこれは監督がそう(notヘテロセクシャル)でなければ撮れない内容かなと。臆するところなく男から男への愛と憎しみを描いている。でもアルモドバルの独特の美意識と色彩感覚、俳優のキャスティングのよさが素晴らしく心地よかった。

内容はある意味サスペンス仕立てなんだけど、ストーリーが進みにつれて、う~んと考えてしまう部分もあった。ただそういう心の闇の部分がカタルシスなものを感じさせてくれるといいますか。スペイン国内では酷評だったらしいけど私はこの監督の特にこの作品は好き(「トークトゥハー」は観てない)。

ガエル・ガルシア・ベルナルの3変化っぷりが見事。特に女装は個人的に気に入ってます(笑)ファニー・アルダンをもっと可愛くした感じ。もともとマッチョでごついんだけど目のきれいさがいいんだよなぁ~。あと最後の学生風の容貌もいい。弟系っつーんですか?こんなに少年っぽい魅力もあったんだと。背も高くないし、こじんまりしてて。「モーター・・・」の時よりもっと小柄に思えた。でも相手役のフェレ・マルチネス(この人もめちゃかっこいい!)がスペイン人というよりなんかフランス人っぽくていかにも欧州人って感じだったけど、ガエルはやっぱ体型とか中南米系なんだな~って感じた。

あとガエルの演技の幅にもびっくりですね。これだけ美形でいろんな役が演じられるのはいろんな意味でおいしいぞ。でもハリウッドには行かないで欧州や南米の映画で勝負して欲しいな~(個人的には)。

フェレ・マルチネスはガエルほど出番はなかったけれど知的で力のある目がすごくよかった。久しぶりのときめきでしたわ。「オープン・ユア・アイズ」はまだ観てないので観たいな(ビデオ屋にあれば・・・なんだけど)。

最近サッカー含めてスペインに惹かれつつあります。あ、そういえば映画に出てくる場所もバレンシアとかガリシアとかサッカーファンには馴染みのある地名が。来季はガリシアダービー復活じゃん!とか思ったして(笑)
c0071983_23291711.jpg
[PR]
by chloe7513 | 2005-06-09 23:35 | cinema

W杯一番乗り

なんだかいっぱいいっぱいだった日本代表もアルゼンチン代表を差し置いて(?)W杯行きを決めた。大黒は効いたね、確かに。G大阪でのパフォーマンス見ればスタメンで使っても差し支えないかと思うのだが・・・途中までスコアレスドローになるんじゃないかって恐れもあったけど、大黒のシュートが枠内に飛ぶようになって希望が出てきたという感じ。

やはりグラサポなのでアン・ヨンハがいる北朝鮮がプレーオフにも行けないのは残念に思った。ベンチに入っていた正剛はなんか声かけてあげたのかな~?

まぁ次が強豪揃いのコンフェデなのでまたまた日本代表にひと波乱ありそうな。1試合でも勝てたらもうけものと思わなくては・・・まぁ今は自力でW杯行きを勝ち取ったことを素直に喜べばいいのでしょうけどねぇ。
[PR]
by chloe7513 | 2005-06-08 22:49 | football

そんなこんなで

○まずはセルタ昇格決定!03-04シーズンのCLで見て好きになったチームだけど、リーグ戦との兼ね合いがうまくいかず空しく2部落ちしたけど1年で復帰。G大阪の大黒を狙ってるなんてニュースもちらっとあったけど、すぐにはありえない話だわな。去年までセルタに所属したモストボイはアラベスに移籍したけれど契約解除になったらしくって・・・いっそセルタに戻って欲しいけどなぁ~。多分来シーズンもリーガはWOWOWなんだろうなぁ。うちBSないし、でもセルタの試合は観たいし。あ~あ。
c0071983_22243615.jpg

○もうすぐ待ちに待ったWY。わりとマスコミは今回のU20を持ち上げている感もあるけれど、正直チリ代表との試合ではちょっといっぱいいっぱいっぽい気がした。選手も前回に比べてもっとおとなしくなってしまったみたいだし。とはいえ勝負は水物なわけで睡眠不足で肌が荒れてもライブで観ようと思ってる。スカパーでオランダ戦の実況・解説は倉敷&川本さんコンビ。なんとなくオランダよりな気がしないでもないけど。ほんとは八塚&川勝コンビにやって欲しかったんだよな(今日のFC東京vsユベントスはこのコンビだった)。

準決勝は倉敷&粕谷コンビ。WSMの「テレビ寺子屋」コンビですな(今回もなんかマニアックな話で締めくくられていたぞ、あのコーナー)。どういうカードになるかわかんなけれど実況・解説は楽しまさせてもらおう。
[PR]
by chloe7513 | 2005-06-07 22:26 | football