<   2005年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

第8節 名古屋×東京V

木曜の夜のサッカーというのもなかなかなかったし、GW前でプチ行楽気分。FC東京戦よりずっと暖かかったし。

前半はグランパスペース。1点平本に入れられ唖然とするも、本田のJ初ゴールに沸く。以前JはGKのレベルが高くて高校時代のようにはなかなか得点が決まらないと言っていて、「どらぐら」でも視聴者プレゼントの色紙に「とりあえず1点」なんて書いてたっけ。いいクロスを貰ってなんとなく決めたというものではなく、個人技で相手DFをぶっちぎり、角度のないところからゴールの天井に突き刺すようなゴールだった。私はゴール裏で観ていたのでそこまではっきり見えなかったんだけどあとで映像で確認。なんというか本田という選手のキャラらしさが出てるゴールだと思った。ゴール決めた後のパフォーマンスはミランのカカの真似か?後半運動量の低下は見ていて否めなかったけど、ボールコントロールの上手さはそれでも光ってた。右のエンドラインあたりで落ち着いてマルケスにループっぽいパスにはちょっと驚いた。
c0071983_1339214.jpg

ワシントンには仕事させなかったけれどマークがずれたのか平本には3点もゴールを献上したのはちょっとふがいなかったけど・・・そのかわり山口慶、マルケス、古賀、クライトンとゴールラッシュは楽しめた。山口のゴールも本田のお膳立て。最近の攻撃的な山口も評価したい。古賀のCKからのヘッドはもうすっかりお馴染み?今季は古賀がゴール決めると負けないんだよな(笑)

後半からなぜか主審が変わってしまい(足を痛めたらしい)、おかしなジャッジに泣いたのは仕方ないといえば仕方ないけど・・・スローインがなぜか東京Vになってしまい、そこからドリブルで突破され3点目を入れられ、マルケスのイエローでPKになって結局4点目入れられたあたりはちょっと納得いかなかった。

全体を通せば面白い見ごたえのある試合ではあったけど。浦和戦はマルケスはサスペンションで出られないのが痛いかな。今のグラのよさは以前のようにすぐにブラジル人の2トップに預けようとするのではなく、各自の選手が自分に自信を持ってプレーできるようになってるからだと思うのでマルケスの不在がけしてマイナスにはならない試合展開を期待したいところ。
[PR]
by chloe7513 | 2005-04-30 13:43 | Nagoya-Grampus

第7節 柏×名古屋

ついに完封3連勝!やはり嬉しいです。今日はTVで試合が見られなかったのでニフティのテキストライブやら知人からのメールなどで試合の経過見守ってました。

まずびっくりしたのが角田の急な体調不良。どうなんですかね?風邪で熱が出たくらいならよいのですが。

危ない場面もいくつかあったようだけど直志の2試合連続ゴール、クライトンのロスタイムのゴールが見事決まったようで。マルケス・直志・本田のトライアングル絡み合っての攻撃や古賀や楢崎の奮闘が光ってたようですね。ほんと生で見られなかったのが悔しい。と言うか日立台で見ることができればよかったんだけど。増川は次節は大丈夫なのかな?やはりワシントンは怖いし;

とにかく後日のスカパーでの放送を待ちたい。

それにしても試合後の乱闘騒ぎは頂けない。CLの例のインテル×ミラン戦やW杯アジア最終予選の北朝鮮×イラン戦など、規模や騒ぎ方は違うけど試合の雰囲気や余韻を壊して欲しくないものである。

それからできるだけ首位に近づくために明日は磐田に勝ってもらわないとね。
[PR]
by chloe7513 | 2005-04-24 00:35 | Nagoya-Grampus

ニュースなど

なんと山形にレンタル移籍中の原竜太がめでたく入籍!
正直ちょっとびっくりでした。いつまでも少年のように初々しい竜太はいつぞやグラ番組で楢崎に「万年ルーキー原くん♪」なんて言われてましたっけ。山形への移籍は当たったのかスタメンで起用してもらっているようでグラにいた時に感じた輝きを取り戻しつつあるようだ。一時期竜太の断幕だらけだったもんなぁ~。グラのトップアイドルだったよ、彼は。ただもしグラに戻っても杉本とちょっとかぶるかもしれないかなぁとも思うんだけど。
c0071983_21185056.jpg

本田圭佑、ついにA契約、だそうです。もうA契約を満たす450分はクリアしたか。単純計算すれば公式戦5試合の換算だもんね。本人は同級生の家長も森本もA契約だしってインタビューで答えていたけどやっぱこの2人のことは意識してるのかな?家長はG大阪ジュニアユースで一緒にやっていたし、U-20でもチームメイト、森本もU-20で一緒。もうすぐ直接対決もあるので何気に楽しみである。できればG大阪戦は万博(not愛知)で観たいんですけどね~。

そういえば今日発売のエル・ゴラに本田の記事が載ってるようです。読みたいなぁ。名古屋でもコンビニ発売して欲しいわ。もちろん「おとりよせ」は可能ですけどね。
[PR]
by chloe7513 | 2005-04-20 21:19 | Nagoya-Grampus

アンの怪我

たいしたことなくって本当に良かった。グラ公式によれば骨折・じん帯断裂などの異常はなしとのこと。新聞報道では長期離脱もあり得る、なんてあったから。これからは体のケアには十分気をつけて長いシーズン乗り切って欲しい。もちろんそれはアンちゃんだけじゃないけど。でも体のケアに人一倍気を使っていた大森くんもあんなひどい怪我を負ったのでこればかりは運とかもあるのかな・・・とにかく無理はして欲しくない。

次節柏戦はピッチも近いスタだし観に行こうかと思っていたけど、諸々の事情で行けそうにない;この試合もBSでライブ放送なのでスカパーしか入ってない自分は生中継では観られないし。ちょっとため息もんですわん。
[PR]
by chloe7513 | 2005-04-18 23:08 | Nagoya-Grampus

第6節 川崎×名古屋

と言うわけで今日は試合は観てません!
BS-iかスカパーのTBSチャンネルを契約していたら観れたんだけどねぇ。
とりあえず内容の確認はJスポーツでの放送を待つのみ。

実際観た方々の感想などアチコチで拝見したけどアン・ヨンハッの怪我が深刻っぽいようで・・・。多分精密検査を明日以降受けるんだろうけど、長期離脱するような怪我じゃないことを祈るのみです。ヤフーのニュース見ると足の軟骨骨折かって書いてある・・・鶴。

本田は今節、とくに前半あまりよくなかったようで。やっぱ体力の問題なのかな~?次節に期待します。そして久しぶりの杉本ゴール。アシストはこれまた久しぶりにトップに帰り咲いた井川だったらしい。

どこでも言われてることだけど1ステージ制になると選手層の厚さ、使える選手が控えにいることが重要。ここで井川とかあと平林とか最近スタメン外れてる渡邊なんかにもっと頑張ってもらわないとね。

話はさかのぼるけど昨日久しぶりのトップの練習見学に行った。試合の前日なので内容的には体を慣らす程度のものだったけど。目立ったのはクライトン。声もリアクションもでかい。あとブラジル出身の18歳エドアルドは、ウェズレイの弟を初めて見たときに同じように感じたんだけど、素朴でなんかヘンにすれてなくて初々しかった。それを思うと本田はほんとに渋い18歳ですなぁ。あとアン・ヨンハッの私服がよかった。北朝鮮代表の移動で着ていたダボダボスーツ、が一部ウケ悪かったけど、トラッドテイストのきれいめカジュアルが似合ってました。井川はトークショーで着ていたピンクのTシャツ着てた。よほどお気に入りなんでしょうかね~
[PR]
by chloe7513 | 2005-04-17 21:47 | Nagoya-Grampus

寒い、とにかく4月中旬とは思えないほど寒かった。

お願いだから試合は寒くならないでと思ったけどなんとか勝てた。FC東京にはここんとこホームでは負けてないような・・・逆に味スタでは勝ててないような;
本田、直志、山口慶よかった。慶ちゃんはやれば出来る人なのね~。ずっと守備的なタイプかと思っていたけど後半の飛び出しはよかった。決めたゴールが幻になったのは残念だった。
本田は試合毎によくなってる。あとはゴール決められればね。惜しいシュート2つくらいあった。彼のこのさきの成長振りが楽しみ。12月には「この人、そういえば今年新人だったのよね・・・」なんて感じてそう。というかそう思えるように絶対なって欲しい。

あとはつまらないパスミスは避けて欲しいものだけど・・・けっこう相手が攻めてきたとき、守備にはけっこう人数かけていたけど、なんでもないところでミスして逆に相手に決定機あたえていたし。

あと前半のPK、どうなることかと思ったけど楢崎が見事はじいてくれました。あれは感動したね。捻挫も治ったようでなにより。

これで勝ったとうかれていても次は今日6点もゴールを決めた川崎なのでちょっと心配。ネルシーニョにとっては久しぶりの等々力ですかね。

最近本田のシャツやタオルマフラー身につけてる人をよく見かける。けっこう小学生とか20代前半くらいの若い男の子とか。若い女性が身につけてるのはあまり見たことないなぁ。あと今日私の席の近くの高校生くらいの女の子が布で作ったアン・ヨンハのプラカードみたいなの持ってた。なんかとってもけなげだなぁって思った。
[PR]
by chloe7513 | 2005-04-14 00:08 | Nagoya-Grampus

脳とファンタジスタ

本日発売の「アエラ」の特集が「サッカー脳vs野球脳」というものだった。
なんぞやと思ってコンビニで立ち読みすると区切りがある野球に比べて常に動き続けるサッカーだと相当頭を使う、特に前頭葉が発達する、みたいなことが書かれていた。ちなみに野球は頭を使う使わないポジションによるそうだ。8歳以下の子供には前頭葉を発達させるためにサッカーを勧めるってなことも書かれていた。これからの時代、特に独立を考えているならフレキシブルに頭を使うサッカー脳である方がよいと締めくくられていた。

前頭葉の機能は「認知、言語、感情の抑制、遂行機能(物事をやり遂げる機能)や計画を立てる、細かな筋肉を動かす能力」だそうである。理性やクリエイティブな感性は前頭葉から生まれる訳だ。そして優れたサッカー選手ほど優れた前頭葉を持つと言える。

前頭葉が発達していれば脳も大きいわけで人相的には額が広いということになる。
額の広い優れたサッカー選手といえばまっさきに思い浮かぶのはベルカンプ。
あと額のきれいでつやがあると賢そうに見える。c0071983_22154072.jpg
モストボイはフランス語、スペイン語に堪能。やはり言語をつかさどる前頭葉が発達してそうですな。最近サッカー選手の残した名言というサイトを見つけたのだがモストボイの過去の発言で 「ボールを受ける前に俺の頭の中にはその後のプレーのパターンがいくつか描かれている」というのがあった。なるほど、これぞまさにファンタジスタと呼ばれた所以なんだろう。特に司令塔とかゲームメイカーと呼ばれる選手には前頭葉の発達は不可欠と思われる。

ちなみにこの「アエラ」の中で中田英寿が21歳の時に知能検査を受けた話が出てくるのだがヒデはこの時IQ129だったそうである。知能指数の上限は160らしいので相当IQは高いのですねん。

若くてもきちんとインタビューの受け答えができる選手と言うのも前頭葉が発達してそうですなぁ。ファンタジスタは言葉と額で見抜け、なんてね。
[PR]
by chloe7513 | 2005-04-11 22:37 | football

第4節 C大阪×名古屋

今日はすこぶる天気がよく絶好のお花見日和。名古屋の桜の名所、山崎川では今日は人が多数つめかけたのではないか・・・

という訳で(?)またしてもグランパスは桜の前に散ってしまった。
試合の前日捻挫で楢崎が欠場。ナビ杯に続いて川島くんの登場となった。ただファインセーブ連発というほどあぶないシュートは打たれてなかった。かなりセレッソがふかしてくれたので。一方グラはパスをうまく繋げてもフィニッシュに持っていくまで時間がかかった。効果的だと思われたシュートもあったが相手GKにまたもやことごとく止められる。前半は攻撃に速さがなかったため、もっとモタモタしたように感じられた。後半杉本の投入でまだ少しは前線に動きはでた。やはりスタメンは杉本でよかったような気がする。後半杉本の打ったシュートの前に審判がファウルの笛を吹いたのは本当にもったいなかったな。

試合中アン・ヨンハのコメントが紹介されたけれど「もっと走ることが必要」だと。ごもっとも。でも何故かそれができてない。連携がもっと成熟してくればいいのかもしれない。以前「Jリーグキャンプ情報」なる番組で今のチームが良くなるまでには時間がかかると森山さんが言ったとおりだなって感じた。だた3試合に一度くらいは磐田戦の時のパフォーマンスを見せてくれたら未来は明るいんだけどね。次節は水曜日FC東京戦。どういう訳か上位チームには強いグラなのでひさしぶりに気持ちいい試合見せてくれるといいんだけど。

話はそれるが、3月北朝鮮代表で一時名古屋を離れたアンちゃんだったけど国際電話でグラの試合状況はチェックしていたそう。当たり前と言えば当たり前かもしれないけれどアンちゃんのクラブへのロイヤリティには関心しましたわ。

水曜には気持ちよく夜桜見物したいもんです。
[PR]
by chloe7513 | 2005-04-09 22:23 | Nagoya-Grampus

サポーターソング

早朝ヘイゼルの悲劇以来リバプールとユベントスの試合が行われた。リバプールのサポーターソング、You'll never walk alone はこの夜いっそう力強く響いたような気がした。

試合は終始リバプールが押し気味だったものの、ユーベのカンナバーロが一矢を報い、2-1で1legを終えた。スタジアムには「ヘイゼルの悲劇」の「現場」に居合わせたプラティニの姿もあった。
c0071983_2210080.jpg

スタジアムに響くYou'll never walk alone こんな歴史的な夜だったから、というのもあるけれど普段のリバプールホームのリーグ戦でも本当に鳥肌がたつ。満杯のスタジアムで大合唱されるサポーターソングは何よりも力強く、サポーターと選手をひとつにしてくれるような気がする。

今季グランパスサポーターも、オアシスの「ドント・ルック・バック・イン・アンガー」をサポーターソングとして歌詞もつけて歌い始め(もっと前はサビの部分だけ歌ってた気がする)、スタジアムでも選手の入場の時この曲の元の曲が流れるようになった。理想はやはりリバプールのホームスタジアム、アンフィールドのような雰囲気を目指してるのかな、なんて思ったり。でもその前にスタがいつもいっぱいにならんとなぁ~;

ちなみにセルティックとFC東京もサポーターソングはYou'll never walk alone 。
[PR]
by chloe7513 | 2005-04-06 22:13 | football

ルイルイ涙堂

涙堂とは目の下にあるふくらみのこと。これがある人は色っぽいとされるらしい。
ちなみに私はこの涙堂がナイのである人が非常に羨ましい。
去年の夏、イメチェンしようと思って額を出す髪形にしたが顔が、この涙堂がないせいかのっぺりした印象になったため、やはり前髪を作ってしまった。前髪があると目が二重なのが目立つように思え、顔立ちが優しくなる(あくまで自己分析)。
このぷっくり、なかなか顔面マッサージではふくらんでこない。美容整形でプラセンタか何か注入する、なんてプチ整形もあるらしいけど。目の下に注射針を入れるのを想像するのは、筆舌したがいものがあるわな;

で、世で美人とされる人や女優やアイドルはこの涙堂がぷっくりしている。資生堂のプラウディアのCMで竹内結子のアップの顔が映るが、この人の涙堂はかなりぷっくりしてる。地下鉄で乗り換える時、通路の横に大きな中谷美紀のパネルを見かけるが、この人もほどよくぷっくりしている。個人的には中谷美紀くらいが理想のぷっくり加減である(というか中谷美紀の顔が好きなわけですが)。男でもタッキーとか中居くんとか人気アイドルはぷっくりしてますな。最近ではこの人がぷっくりしてる。あまりぷっくりしすぎてないのがミソか。c0071983_22593045.jpg
[PR]
by chloe7513 | 2005-04-03 23:08 | etc.