カテゴリ:etc.( 57 )

「洗わない洗顔」シリーズもついに第3弾!

結局アストレアのミルククレンジングはふき取りクレンジング後のしっとり感が気に入っていたんだけど、肌につけるとピリピリするので(エタノール多めだから?)しばらく遠ざかることにして、オルビスのクレンジングリキッドを再び使うことに。ただこれリキッドよいうよりジェルだね~。私はずっとオイルクレンジングだったのでちょっと固いと思った。これは洗い流しの方がよさそうなので結局水で洗うことに。

洗いあがりはミルクでのふき取りのほうにちょっと慣れてきたところだったので、洗い上りの爽快感が逆に余計な皮脂を生み出さないかとちと心配。そもそも「洗わない洗顔」をやってみたいと思ったのは毛穴を小さくするため。皮脂がたくさん出るとまた毛穴が広がりそうで・・・今のところ自分の目座す肌の質感にはまだ程遠いんだよな;にきびはできないけれど。とりあえずダブル洗顔は辞めておこう。

久しぶりにアットコスメ見たけど、ミルククレンジング買うにあたりもっとここの情報を参考すればよかったと反省。ロゼットはアストレアよりずっと評価高かった。次はロゼットで行きます。

ただオルビスのクレンジングもせっかく買ったし使いきるまでしばらく使おうっと。
[PR]
by chloe7513 | 2005-09-23 21:47 | etc.

洗わない洗顔を始めて4日目、昨日からクレンジングをミルククレンジングに変えてみた。(ああオル○ス・・・)。昨日ロフトに行ってみたらけっこうミルククレンジングが何種類かあって。品揃えはドラッグストアより豊富。というかドラッグストアの商品って大手メーカーのものが多いから、結局大手メーカーしてみればふき取り専用のミルククレンジングってまだ手をつけてない商品ってことか(まぁソフ○ィモはふき取り用のコールドクリーム出してるけど)。大手メーカーからもっと安価な商品出して欲しいけどなぁ。

ロゼットのミルククレンジングも置いてあったけど、お値段が同じでもっと容量の多かったアストレアのミルククレンジングを購入。昨日今日と使ったけど、ふき取った後化粧水つけるとぴりぴりする。なんで??敏感肌にも優しい「洗わない洗顔」じゃあないのか!?

コットンでふき取るとき力入れすぎるのかしらん?あとコットンも100均で買ったものだから繊維があまりきめ細かくないのか。それで力入れると肌を余計にこすってしまう?やっぱ100均のじゃだめかい。トホホ。

けっこう「洗わない洗顔」で毛穴が見る見る小さくなりました~ってブログで書いてる人もいるけど、まだ小さくなったという実感はないな。今だにまだむし暑いってのもあるけど、昼間化粧してる最中も相変らずテカってくるし。

毛穴って食べ物にも左右されるようだから、肉とか好きだし「洗わない洗顔」やってても結局油っこい食べ物いっぱい食べていたらあまり効果ないのかなぁ。むむ、でもまだ自分の体(顔)を使う人体実験は続くのだった。

ところでツネ様写真集どうよ・・・ファンじゃないけどちょっぴり見てみたいような。
[PR]
by chloe7513 | 2005-09-20 22:43 | etc.

洗わない洗顔

昨日某サイトで見かけた「洗わない洗顔」に興味を持ちさっそくトライしようと思った。最近毛穴の大きさが気になってしかたなく、どうしたらよいものか手探り状態だった。某ポータルサイトにリンクしてあった草花木果の美容ジェルが毛穴ケアにいいとうたわれており、気になったが通販化粧品は手元に届くまで時間がかかるので買うかどうか迷ってしまうもの。

「洗わない洗顔」はすぐにもできそうと思った。ただそこのサイトにはリキッドクレンジングやミルククレンジングがふき取りによい、としていたが今までオイルクレンジングオンリーで両方とも使った事が無かったので、とりあえず市販ですぐに手に入りそうなものはないかとネットで探し、オルビスの「クレンジングリキッド」を使うことにした。本当はロゼットのクレンジングミルク使いたかったけどドラッグストアになくって。オルビスのクレンジングは金山のオルビスショップでさっそく購入。ここの化粧品ってやっすいね~!ちふれほどじゃないけど。

まずクレンジングを手にとってマッサージするんだけど汚れが浮いたか、よくわかんないので目を半開きにしたら目にクレンジングがはいって滅茶苦茶痛かった;マスカラにもよくなじませなきゃいけないし、目の周りだけ他の部分よりあとでクレンジングつければよかったわ。水で湿らせたコットンパフでふき取ったけど、やはりいつものクセでその後水ですすいでしまった。そしていつものように化粧水&乳液。

ただオルビスのクレンジングは使った後ちょっとつっぱった感じが。ほんとはこのつっぱりが肌の乾燥を呼び、過剰な皮脂の分泌を招く気がしてならんな。あと水に流したのがいけなかったか??明日はふきとるだけで水に流すのはやめてみよう(ちと勇気がいるが)。

それにしてもふき取り用のクレンジングを何にするかでまた悩むかも・・・オルビスがまたつっぱる感じがしたら、ロフトかソニプラあたりでふき取り専用クレンジング探そうかなぁ~
[PR]
by chloe7513 | 2005-09-17 22:36 | etc.

最近思うこと

2002年のW杯まで結構CDいっぱい買うし、ライブも行くし、楽器も弾くし自分の仕事以外の生活の中心は音楽だった。それが今は違ってきている。家にはスカパーを引いて海外のサッカーの試合を観、グランパスのホームの試合は休みなく行くようになり、ネットや現場でサッカーを語り合える友人、知人も出来た。

ライブによく行ってた頃は行くジャンルもバラバラだったせいかなかなか友達や知り合いなんてできなかった。仕事も音楽とは程遠い職業だし。CDショップやライブハウスで働いてる人以外とだとデザイン関係のお仕事してる人ってけっこう音楽好きな人多いよな。私は普通の事務屋だし(泣)一人雑誌のペンパル欄で知り合って長いこと交友のあったCDショップに勤める友達が居たくらいで、ライブは好みがあえば彼女と一緒に行くくらいだった。

ただ今思うと彼女はCDショップに勤めてるせいか音楽の情報が早くて私はそれについて行けないと思うことが度々あった。気になるミュージシャンの新譜が出ても金銭的にきついとなかなか買うこともできず、結局そのまま買わなかったり。もともと音楽ってパーソナルな趣味なので次から次へと情報を追いかけるのは、よほど音楽に関連した職業に就いてない限り必要のないことなのかもしれない。好きなときに好きな音楽を聴けばいい。サッカーを好きになってからよくそう思うようになった。ただ今はいろいろあってCDはほとんど買ってない。昔買ったCDを繰り返し聴いたり、ラジオを聴くくらい。金銭的に余裕が出ればまたいくつか買いたいものはあるし、ライブにも行きたいけど。フジロックとかまだ一度も行ってないしなぁ。

あと自分は昔から音楽をやってる人たちに非常に憧れがあって、ライブによく足を運んでいた時もそういった知り合いができないかと思っていたけど人付き合いが悪いのかそういった知り合いってできなかった。自分がバンドでもやってたらいっぱい出来たんだろうけど・・・。最近はライブ行ってないしね。ってやはり自分は昔憧れていたことを完全に忘れ去っていないんだなぁって実感する今日この頃でした。
c0071983_00323.jpg
画像は「あの頃ペニーレインと」。音楽やその周辺の人たち、そして主人公になんだか共感することの多い映画でした。
[PR]
by chloe7513 | 2005-05-07 23:46 | etc.

永遠の野原

最近のグラのことがどーも気になって仕方ないので日曜は急遽試合観戦のため大阪へ行くことにした。大阪と言うと学生時代に大好きだった逢坂みえこの「永遠の野原」をどうしても思い出してしまう。

「永遠の野原」とは98年まで「ぶ~け」で連載されていた阪急宝塚線沿線に住む学生の弟と小説家の姉を中心に描いた群像劇的な漫画。いかにもフィクションというのではなく、誰もが体験した思春期のほろ苦い経験などを思い出させてくれる漫画でした。大阪にはライブなどでよく行ってたけど住んだことはないのに「永遠の野原」のおかげで豊中や吹田の地名がなんの気なしにテレビなどに出てくると「あれは『永遠の野原』に出てきたとこだわ」なんて自分の中でリンクさせたりしてね。しかしながらこの漫画は好きだけど逢坂さんの作品は実はちゃんと読んだのはこれだけだったりするのだが;あ、しかも自分がお金出して漫画買ったのは「永遠の野原」が最後かも。

私が未読の「ベルエポック」や「火消し屋小町」などは映画、ドラマになってるんだけど「永遠の野原」ってドラマにならんかな?ニ太郎=山田孝之で、マリコさん=長澤まさみ、一姫=仲間由紀恵なんてどうでしょうか・・・その他のキャラクターは配役が思い浮かばないけど。TBS系列で夜10時の枠でやるとか合ってそう。もちろんオール大阪ロケでね。ただやるなら1クール10回とかじゃなくって半年くらいかけてやって欲しいけどそりゃ無理だわなぁ。
[PR]
by chloe7513 | 2005-05-06 22:14 | etc.

ルイルイ涙堂

涙堂とは目の下にあるふくらみのこと。これがある人は色っぽいとされるらしい。
ちなみに私はこの涙堂がナイのである人が非常に羨ましい。
去年の夏、イメチェンしようと思って額を出す髪形にしたが顔が、この涙堂がないせいかのっぺりした印象になったため、やはり前髪を作ってしまった。前髪があると目が二重なのが目立つように思え、顔立ちが優しくなる(あくまで自己分析)。
このぷっくり、なかなか顔面マッサージではふくらんでこない。美容整形でプラセンタか何か注入する、なんてプチ整形もあるらしいけど。目の下に注射針を入れるのを想像するのは、筆舌したがいものがあるわな;

で、世で美人とされる人や女優やアイドルはこの涙堂がぷっくりしている。資生堂のプラウディアのCMで竹内結子のアップの顔が映るが、この人の涙堂はかなりぷっくりしてる。地下鉄で乗り換える時、通路の横に大きな中谷美紀のパネルを見かけるが、この人もほどよくぷっくりしている。個人的には中谷美紀くらいが理想のぷっくり加減である(というか中谷美紀の顔が好きなわけですが)。男でもタッキーとか中居くんとか人気アイドルはぷっくりしてますな。最近ではこの人がぷっくりしてる。あまりぷっくりしすぎてないのがミソか。c0071983_22593045.jpg
[PR]
by chloe7513 | 2005-04-03 23:08 | etc.

安い買い物

今年は春の訪れがなんとなく遅い気がしている。
それでも街中や電車の中ではもう春のコートやジャケットが目立つようになったので金欠気味の中買い物をした。

収入はけして多くないし、ひとり暮らしをしているためか、ハイブランドにはとんと縁がない。それでも服を買うのは好きなほう。最近は大体カットソーやブラウス、パンツは5千円以下、ジャケット類は1万円以下のものを買うことが多い。国内メーカーのものならばそれで十分かなと思う。会社では内勤だし(スーツをあまり着ない)、私服で働いてるので、すごいデザインや高級な服を着るのもあまり意味がないと思うし。でも収入がもっとあったら、もっといい服買っちゃうもんだろうか(苦笑)

よく美容院なんかに行くと自分くらいの年齢の女性ターゲットのファッション雑誌は猛烈に高級な服ばかり取り上げられていてちょっとひいてしまう。もちろんそういった服やバッグが買える人も世の中たくさんいるんだろうけどね。名古屋なら名のある企業で一般職でも正社員で、ちゃんとボーナスを貰え、なおかつ実家暮らしならばハイブランドの服やバッグにある程度投資はできる人ってわりといると思う。ま、類友なのかあまり自分の友達にはいませんが。

ついでに基礎化粧品も安いものを使っている。ちふれの美容液を塗って寝て、朝起きると肌の調子がよく、化粧のノリがいい。某口コミ化粧品サイトに「地味だけどいい仕事をする」と書かれていて納得。ただし会社ではお昼になると少し乾燥してしまう。これはファンデがあわないからなのかしらん?

安いものにも十分な「品質の良さ」を発見できるのはなんとなくお得な気分。まぁただ単に貧乏性と言われればそれまでなんだけど(笑)
[PR]
by chloe7513 | 2005-04-02 00:11 | etc.