カテゴリ:etc.( 57 )

猫カフェデビュー

最近流行の猫カフェについにいってみた。

知り合いの女性のそのまた知り合いの新潟の方が、名古屋に来た際に行かれたとのことで、地元民の自分がまだ行ってなかったことに焦りを感じていたんだよね。

ようやくこのGW中に都合のあった友人と行ってみた。店は御器所のコメダ珈琲近くの民家を改造した感じの店。店の中にはまったりとした時間が流れ、男性のお客もいた。メニューはドリンク中心。タイムサービス制。

私の気に入ったのはスコティッシュのたるちゃんとチンチラのセリカちゃん。セリカちゃんは小学生の女の子にやたら気に入られていたっけ。目のまんまるな美人猫でした。たるは顔の丸さをタータンチェックの首のリボンがキュートでした。

やはり猫というのは毛の短い猫の方が活発ですのう。

今度は伏見にある猫カフェに行こうと思う次第。

この安眠されてる方はろんちゃんという。けっこうでかい猫でした。
c0071983_20274635.jpg

[PR]
by chloe7513 | 2007-05-04 20:29 | etc.

生年月日が同じ人

自分と生年月日が同じ人とほとんど縁がない。昔働いてた会社にいたが、それは男性で、総務の女性に、みささんはあの人と生年月日が一緒なんだよ、と教えてもらった。しかしながら、その男性と話をしたことはなかった。

同性となるとまったく会ったことがない。

だから綾香と安藤美姫が同じ誕生日で、昨日のフィギュアの世界選手権のエキシビジョンで共演したのは素直に感動したし、こういう縁もあるんだなぁって思った。ジャンルは違っても何かを表現する人。「オーラの泉」で江原氏に2人の縁を説明して欲しいもんである。

そして日本サッカー界広しといえど、同じ生年月日で妙~に仲がいいといえば本田圭佑と家長昭博であろう。本田が歌いながら、家長がリフティング・・・なんてコラボレイトはないだろうが(「しりとリフティング」くらいはやって欲しい)シリア戦では絶妙なコンビネーションプレイを是非。ミキティ&綾香コンビに負けないくらい活躍してねん。
[PR]
by chloe7513 | 2007-03-26 23:01 | etc.

今日は大変だった

なんでフィギュアとサッカー同じ日にやるかな・・・

本田はベンチ入りするも試合に出ず。家長と水野に先こされちゃったぞ。きっと本人が一番悔しいんだろうな。明日のナビスコにはやはり出ないけど、U-22のシリア戦で無回転FK決めて翌日のスポーツ新聞の一面飾って欲しいぞ~

それとはうらはらに名古屋娘のワンツーフィニッシュは感動したよ~。浅田真央の演技には感動した。安藤美姫はショートのプログラムの方が好きだけどあえて4回点を封印したのがよかったのかな。高橋大輔もそうだけどモロゾフの振り付けってすき。日本人に合ってるんじゃないかな。

シンクロもフィギュアと重なってなかったら全部見たかったけど、フリーでは惜しくも銅。優勝したロシアの曲は安藤のショートで使った「シェラザード」だったな。なんかすごい偶然だ。日本は技術は素晴らしいけど、振り付けがなんか地味。シンクロもいっそ外人コーチなんか雇ったらどうだろう?

そういえばペルー代表にモストっていたっけ。ロシアのモストさんは今どうしてるだろう・・・
[PR]
by chloe7513 | 2007-03-24 23:38 | etc.

ヒミツの花園

一時期はほとんどTVドラマ見てなかったけど、ここんとこまたドラマよく観てる。
前クールは今までにないくらい「嫌われ松子の一生」にハマってしまい、その流れで「ヒミツの花園」にたどりついた。

ま、あまりこの2つのドラマのストーリーになんの共通点もないけれど、「嫌われ~」で少年時代と青年以降の龍洋一を共に演じた2人の役者が出てるくらいか。しかし前クールでは同一人物を演じた2人の役者が立て続けに兄弟を演じてるってのもなんか不思議なもんです(でも血の繋がりはないんだそうな)。

しかし「ヒミツ~」の次回予告を見てのけぞったわ。「嫌われ松子」で綾乃姉さんの墓参りのシーンの内山理名と北村一輝がそのままプレイバ~ック!

次週のオンエアが楽しみだわん。
[PR]
by chloe7513 | 2007-03-06 23:36 | etc.

「龍時」を読み終えて

ここ2週間はずっと通勤時が楽しかった。ずっと「龍時」の世界に浸れていたから。3冊一気に読み終えてしまったという感じである。

「龍時」は人気脚本家であり小説家だった野沢尚氏の書いたサッカー小説である。現在は「ワールドサッカーキング」にて漫画が連載中。実は「龍時」を知ったのはこの漫画の方が先。絵柄が好みでなはなかったので一度立ち読みしてそれっきりだったが、あるときネットで「龍時」の原作が文庫本になっているのを知って読もうと思った。

無名の高校生だった志野リュウジがU-17のスペイン代表との親善試合に出場、偶然スペインサッカーの関係者の目にとまり、スペインに渡り、苦難の果てにリーガデビューを果たす・・・というあらすじだけ追うとよくできた少年マンガのようであるが、プレーを丁寧に力強く、卓越した描写とドラマのように脳裏に思い描ける家族関係や人間関係、やはりプロの小説家のなせる技だと思った。時には野沢氏の日本サッカーに対する評論や思想も垣間見られるところが、文章のいいところ。ある意味小説に形を変えた野沢氏のサッカー愛が語られてるようにも思えた。

小説の中ではリュウジはまだ十代だが、サッカーの経験値でいうと、日本の十代のサッカー選手より精神的には強くはるかに大人である。しかも異常な負けず嫌いでいい意味でエゴイスティックな部分もある。比較的おとなしいと言われいる若い日本人選手にはいないタイプ。というか野沢氏なりの大人しい若手選手に対するアンチテーゼなキャラクターなのかもしれない(最近はそんな大人しくない選手もいるけど)。

リュウジに多大な影響を与えるのは父の礼作。職業はライターで、小説の中では守護霊のようにリュウジの活躍を見守り、時には助言する。野沢氏が自分自身を投影させているような気がした。この父とリュウジの関係がどうなっていくのかずっと気になっていたけど・・・

他にも恋人マリアやともに同じアジア人としてリーガ・エスパニューラで戦う韓国人選手のパク、U-23代表でのライバル梶、U-23代表監督平義など気になる登場人物は多いが、作者が自ら命を絶ったことでぷっりと物語は終わってしまった。

「龍時03-04」の最後の部分を地下鉄の電車の中で読もうとしたとき、女性週刊誌のつり革広告が偶然目に飛び込んだ。野沢氏の残された妻の取材の記事が載ってるようだった。会社の帰りに立ち読みしたが、野沢氏には男と女のお子さんがいるようだ。リュウジと同じ兄弟構成(兄と妹)だった。野沢氏がなぜ亡くなったかは今だよくわからないが、やはり「龍時」が完結しないままに終わったのがとても残念であるし、寂しい。

「龍時」の中ではアテネ五輪のエピソードもあるが、85年生まれのリュウジと同じ世代の選手が中心の北京五輪代表が明日今年初めての親善試合を行う。現実はフィクションを超えられるか?多分それがこの小説のファンになった者のひそかな楽しみである。
c0071983_21353693.jpg

[PR]
by chloe7513 | 2007-02-20 21:36 | etc.

パソコンが壊れた・・・

デジカメ買ったし、プリンタも買ったし、充実したデジタルライフを送ろう♪と思ってた矢先、私のバイオちゃんが壊れてしまった。

幸いハードディスクに異常はなく、パソが立ち上がる際になんらかの不具合があったようだ。ソニーのテレオペさんから「10/7にお届けします~」なんて言われたのに、昨日になって、交換部品に在庫がないと言われ;トホホ;かれこれ4年前のPCだもんね・・・

新しく買いなおすことができるほど裕福ではないので、とりあえず直るまでネットカフフェにちょこちょこ来ることにした。パルコのセンチュリーシネマ前のパソコンコーナーはパンも食べながらネットできるのでちょっとお徳かも。

でもね・・・ほんとは毎日○ちゃんねるのグラスレが見たいのよね~;会社では見るのは大いにばかれるしね・・・(悲)
[PR]
by chloe7513 | 2006-10-06 19:38 | etc.

響子さんが伊東美咲ちゃんだそうです。う~ん、はっきり言ってミスキャストだぞ。高橋留美子の描く女性像とは違う。シャープ過ぎる気がする。私はずっと鈴木京香をイメージしてた。でも歳が合わないか。長澤まさみでもいいけど若すぎるしなぁ。

四谷さんは西村雅彦、一の瀬さんは渡辺えり子に絶対やって欲しい。これ以外のキャストだったら見る気しないなぁ。三鷹さんは谷原章介かな?「嫌われ松子の一生」でも歯が光っていたし。私のイメージでは昔の石田純一なんだけどこれも歳が合わない。なので谷原さんにはもっとはじけて笑いとってもらわないと。

で朱美さんが難しい。35~6でヤンキー臭のする女優がいいんだけどいそうでいない。ランジェリー姿が多いので、それなりのスタイルが求められるので梨花あたりがやったら面白そうだ。

五代くんは一般公募らしい。お願いだからずぶの素人はやめてほしい。ミムラみたいに実は演技習ってました~っていうのならばいいけど。もちろん高橋留美子先生にも選考に加わっていただきたいけど。忙しそうだから無理かな?
[PR]
by chloe7513 | 2006-08-07 22:01 | etc.

ボルドウィン・井上ペア

夜中まで起きていられず、結局朝のダイジェストでしかフィギュア・ペアのフリーを観ることができなかった(泣)もちろん気になっていたのはアメリカ代表のボルドウィン・井上ペア。なんか昔の槇村さとるの漫画、「愛のアランフェス」っぽいんだもん(けっこうこの漫画好き)。で実際彼は恋人同士らしい。井上さんもおきれいな方でした~。

そういえば世界クラブ選手権はJリーグの優勝チームも出ることになるらしい。でももしJのチームがアジアCLのチャンピオンになっても別枠になるのかな?しかしアジアCLとJリーグチャンピオンが同じチームだったら2位のチームが出るのか?ともあれ世界の強豪クラブと合間見えるチャンスができたのはオメデタイ。
[PR]
by chloe7513 | 2006-02-14 23:12 | etc.

冬季オリンピック2日目

男子ハーフパイプが日本代表全て予選落ちがなにげにショックをうけてる;同郷の上村愛子さん(でも生まれは兵庫だったのね)も5位に終わってしまったし。

Jスポーツのスノボの大会で滑るのを初めて見て、その後オリンピック関連番組で気になった成田童夢ってボクシングの亀田3兄弟とかむっちんみたいなキャラだな~って思ってプロフ見たらやっぱり大阪の子だった(妹のメロも負けじとキャラが強い)。彼は笑うとスギーニョだわ(笑)

本番の滑走前の気合の入れ方とかどの選手よりキャラが抜けてた。これも大阪人ゆえなのか。技よりも口が先行してるなんて言われないくらい、すばらしい滑りを今後期待したいものだ。

あと他のウィンタースポーツに比べてスノボのハーフパイプはエンタテイメント性の強い競技だけど、他の国の競技者を見てもここぞという時に実力を発揮できる選手って少ないものだなぁと感じた。スノボの世界は全然知らないけれど、それだけ他の大会とは違うプレッシャーを感じるものなのかなと思った。
c0071983_20501019.jpg

[PR]
by chloe7513 | 2006-02-12 21:37 | etc.

早朝に起きてオリンピックの開会式を観る。けっこう開会式好きだったりするので。
イタリアならではのゴージャスな演出にびっくり。「イマジン」歌ったピーター・ガブリエルは歳くって顔が丸々として最初誰なのかちっともわかんなかった;

そして小倉隆史の引退。自分がグラサポになる前にグランパスからいなくなったのであまり多くは語れないけど、FC岐阜に来てひょっとして間近で彼のプレーが観られるのでは・・・なんて思っていたけどそれも叶わなかった。

昼には日本代表の親善試合。会場はなんと野球場。後半には頑張りがあったけど、相変わらずわくわくするサッカーから程遠い。近くで高校を建設してる影響でUHFの放送局の映りがわるくそれもあってイライラ。

そしてグランパスは柏戦に続いて京都にも負ける。主力に故障者が多いからしょうがないし、まだ調整の段階だからと言い聞かせる。調整の試合で大勝して、リーグ戦が開幕してから負けたほうがもっと惨めじゃないか?
[PR]
by chloe7513 | 2006-02-11 21:13 | etc.