カテゴリ:Arsenal( 11 )

farewall,Henry

悲しいかな、とうとうアンリのバルサへの移籍が決まってしまった。ビエラが去り、キャンベルが去り、ピレスが去り、ベルカンプが去り・・・

確か2003年にスカパーをひいたのでそれ以来ほとんどアーセナルの試合を観てきたけれど、やはりアンリの存在は別格だったし、アーセナルの顔だった。でも来シーズンからは赤白のユニ姿のアンリを見れなくなってしまうんだね.

やはり喪失感は大きいと思う。アデバイヨルもファンペルシもアンリのかわりになんてなれないよ・・・

アーセナルのひとつの時代はこれで終わったんと思うけど、また新しい時代に入るのか。アンリがいなくなってアーセナルの試合を観なくなる人もいるだろうけど、私は来シーズン土曜の晩はまたアーセナルの試合を観るよ。

でもね・・・やっぱ寂しいね。
c0071983_21254348.jpg

[PR]
by chloe7513 | 2007-06-23 21:25 | Arsenal

アンリが決めた!

首位マンUに苦しみながらも勝った~!!

ファンペルシもGJだけど、アンリの珍しくヘッド炸裂だったなぁ。ヘディングが得意じゃないもんね。
8月に観た某U-21のMFの選手のヘディングシュート思い出しましたわん。
c0071983_0204238.jpg

でもファンペルシはまたもや怪我とかで・・・しょぼぼ~ん。
[PR]
by chloe7513 | 2007-01-23 00:30 | Arsenal

人事往来@アーセナル

そんなこんなでアーセナルからとうとうピレスが去ってしまった。やはり彼の希望する複数年契約にはいたらなかったからだと思われる。

思えば前々回のフランスでのコンフェデレーションズカップでフランス代表として活躍するピレスに釘付けとなり、これがきっかけでアーセナルを応援することになった私であった。当時スカパーをひいてなかったが、けして多くない月収で毎月スカパーの費用を払うのは相当覚悟が必要だった。それから私のスカパーライフは始まったのだ。

レジェスが加入以降左サイドのピレスのスタメンは減っていったがここぞと言うときに頼りになる男だった。ピレスとベルカンプが去ってしまった今アンリの心境はいかに・・・?この2人ほどまだまわりの連携は深くなってはいない。しかしアーセナルはこの世代交代を受け入れなければならないのだ。

ともあれピレスの新天地での活躍を祈るのみだ。できれば年齢的には最後になったであろうW杯に出て欲しかったが・・・CL決勝でもレーマンのアレで18分しかプレーできなかったしね・・・

前後してロシツキーの加入が決まった。とても足元のうまい選手という印象がある。小柄なロシツキーがプレミアでどこまで通用するか興味深いが、好きなタイプの選手なのではやくプレミアになじんで欲しいものである。個人的にはツェフ相手にゴール決めて欲しいな。
c0071983_21373559.jpg

[PR]
by chloe7513 | 2006-05-25 21:37 | Arsenal

「フットボール・チームというのは、サポーターを悲しい気持ちにさせる方法なら次から次へと無数に発明してくれる」 -「ぼくのプレミアライフ」より-

いや今回の試合の場合フットボールチームではなく悲しい気持ちにさせたのはチームではなく審判だったのかもしれない。レーマンが思わぬファウルで退場し、アーセナルは10人で持ちこたえた。ラーションが入るまでは。

解説の川勝氏にバルサのDFラインの緩さを指摘されながら、とうとうアーセナルは同点に追いつくことなく試合はあっけなく終わってしまった。

もしレーマンが退場しなければ勝てた、とは言い訳はしたくないからレーマンが退場したことに対して怒りをどこかに押し殺し、少し眠気のある明け方に妙に変に冷静に試合を見守っていた。
ただ今こうして試合後のネットのニュースを見るとアンリもベンゲルも審判のジャッジに対して怒りを露にしている。特にバルサの1点目はオフサイドとの意見もある。でもこういうのって結局講義や批判があっても覆ることはないのだよね・・・

でもレーマンの退場で動揺し、エブエもイエローもらいながらもセットプレーで得点できた時はほんとに嬉しかったよ。後半は特に優位的状況が作れなかったけどほんとによく戦ってくれたと思う。

今年の冬に12月横浜でベンゲルと再会することは叶わなかったけど06/07シーズン、予備戦からになるけどCL出場圏は確保してある。リベンジはもう試合が終わった瞬間から始まるのだから。


とりあえずピレスとアンリの去就が気になるけれど・・・
c0071983_2249339.jpg

[PR]
by chloe7513 | 2006-05-18 22:49 | Arsenal

最後のハイバリー

プレミアリーグ最終節、ようやくアーセナルがCL圏内の4位に手が届いた。今シーズンけしてリーグ戦で思うような結果を出せなかったアーセナルが最後の最後に意地を見せてくれた。苦手なプレースタイルのウィガンに対してアンリはハットトリックをやってのけた。

そして悲しいかなこの日がハイバリーにとっての最後の試合の日であった。ベルカンプデーでもまオレンジになったとは言いがたかった観客席もこの日ばかりはアウェイの席を除いてきれいに赤と白に彩られた。

プレミアではセリエAや一部の熱狂的なサポーターを抱えるJリーグのクラブのようにマスゲームや断幕はほとんどない。逆にそういう大げさなところがないから好きなんだけど、この日のハイバリーはサポーターの、このスタジアムに対する畏敬の念がこの赤と白にこめられていたように思う。

たかだがアーセナルのサッカーをちゃんと見始めて3年くらいなのにハイバリーに一度も足を踏み入れなかったことがとても悔しい。

好きなチームが海の向こうだと瑞穂に自転車で行くのとは訳が違う。でも自分の好きなチームに憧れを持ち、一方地元のさえないチーム(?)をサポートするのもそれはそれで醍醐味があったりするものでもある。

でもサッカーライフがTVとネットと雑誌だけの海外サッカーが好きな人は私財をなげうっても好きなチームのスタジアムには絶対足を運ぶようにと私は言いたい。

サッカーは生観戦してなんぼのもんだから。
だからハイバリーで観戦できなかったのはとても悔しい。

しかしながらハイバリーは終わってもアーセナルは続く。新スタジアムでの観戦がいつか叶いますように。
c0071983_22294274.jpg
[PR]
by chloe7513 | 2006-05-08 22:32 | Arsenal

ついにアーセナルがファイナルへ・・・感慨深いなぁ。

2ndlegは終始ビジャレアルペースでアーセナルはシュート2本しか打てなかった。それで楽天的な私はどういう訳かアーセナルがファイナルへ進むと信じて疑わなかった。

唯一心拍数があがったのは久しぶりに試合に出たクリシーが与えたPK。
でもこれもこともなげにレーマンが押さえてしまった!これにはほんのり感動。PKをとめられたリケルメは放心状態に・・・

最後までビジャレアルペースだったけどこの試合も無失点に抑え、17日にサンドニに行く。フランスがアーセナルを呼んでるのかな?ファイナルはアンリやピレスにとっては思い出深い場所。

じゃぁ12月に横浜に来るのは・・・
c0071983_2259610.jpg

[PR]
by chloe7513 | 2006-04-26 22:59 | Arsenal

いや~、試合自体はスコアレスドローだったけど見事アーセナルがベスト4!ついにこの壁をアーセナルが越えることができたのが何より嬉しい♪

レギュラーのバックスがほとんど手負い状態の中、エブエ、ディアビなど今年から見るようになった若手も大いに頑張って欧州でもちゃんと戦えるチームであることを証明した。あれほど強く4-4-2にこだわったベンゲルだけど中盤を厚くしてアンリワントップというCL使用に切り替えたのも功をなした。

今回の準々決勝はユーヴェのコンディション不良に助けられたということもあったけど・・・
それでも2ndlegもユーヴェはよく守ってたと思う。オンターゲットのシュートをブッフォンがことごとく押さえていたしなぁ。

セクスとエブエは怪我明けだったけど、なんとか間に合ってこれもよかった。準決勝までくれぐれも怪我には気をつけて欲しいもんです。

まぁ気が早いけど12月は日産スタのクラブワールドカップに行かないとなぁ~なんて頭をよぎったりして。

あとディアビって鹿島のGK曽ヶ端にそっくりだとひそかに思う今日この頃。
c0071983_21342420.jpg
[PR]
by chloe7513 | 2006-04-06 21:27 | Arsenal

ヴェンゲルの気持ち

またもやアーセン・ヴェンゲル、日本代表監督説が出回っている。スカパーのプレミアの解説陣は口をそろえてそれはありえないだろうと言う。

しかしありえなくないとも思う。もちろん彼にもアーセナルのフロントや選手とのつながりも深く今のまま監督として居座ればもっと重要なポストを彼に与えられるかもしれない。

しかしかつて彼は欧州サッカー界のさまざまな軋轢に疲れてしまい、遠い極東の国のチームで指揮とった。彼は今まさに欧州サッカー界に絶望しかけてるのではないか(もちろんアーセナルそのものではなく)。金さえあれば思うような補強ができる。強ければビッグマネーが動く。勝つためのサッカー、金儲けのためサッカー。そういう戦術なのだと言えばそれまでだけど。その中でアーセナルはスタジアム建設の為に大きな補強はできず、薄い選手層でハードなスケジュールをこなさなくてはならない。そして今そのツケなのか成績はぱっとしない。

ジェフ千葉のオシムもそんな欧州のサッカーのあり方に疑問を抱き、日本へ来た世界屈指名匠である。「オシムの言葉」を読むとかつてヴェンゲルが書いた「勝利のエスプリ」に日本へ来た理由に共通点を見出す。

なのでヴェンゲルが日本にまた来たいと思っていることに私は疑問を抱かない。でもそのまえに嬉々としてビッグイヤー持ち上げているアーセナルの選手たちの顔を拝みたいもんだけどね。
[PR]
by chloe7513 | 2006-01-07 19:25 | Arsenal

やはりCLが始まると次の日の仕事がかなりヤバいです。短い時間に十分な睡眠がとれる人が羨ましい。

ってことでリーグ戦ではいきなり2敗、アンリ、シウバなど主力が怪我で欠く中、迎えたグループ予選の第2節。アーセナル以上にアヤックスが調子悪そうなのと審判がちょい甘め(?)だったのもありトゥンほど苦しまず勝てた印象。

特に出だしの1点目はかなり大きかった。リュングベリのFW起用ってけっこう好き。本人もなんかイキイキやってるし。レジェスはボールを奪われても奪い返すようになって辛口粕谷氏にも褒められるようになったし♪

クインシーには古巣のアヤックス。一応素行不良でクビになったらしいけど以前ダイかマガに載ってたインタビュー読んだ限りではけっこう普通に受け答えしてて、悪ぶった印象派なかった。アヤックス辞めた後一時期スリナム音楽のミュージシャンを目指してたらしい。

ちょっと前ネットでベンゲル監督に関する評論のようなものを読んだけど、やはり彼はフランスやオランダのトレセンでトータルなテクニックを身につけた選手がお好みらしい。天秤座ゆえかバランスの妙に強固なこだわりを持つベンゲルだけど、今シーズンCLでもプレミアでも生き残るために彼の黄金律をあえて崩すだろうか?これからが正念場です、ガナーズは。
c0071983_21202598.jpg
[PR]
by chloe7513 | 2005-09-28 21:22 | Arsenal

やっぱピレス!

c0071983_21531243.jpgFA杯ボルトン戦は0-1の末なんとべスト4に勝ち残ったアーセナル。

試合開始直後ピレスの個人技で繋いであっと言う間にリュングベリが1点押し込む。この調子ならきっと大勝に違いないと思いながら結局この1点しか取れなかった。
アーセナルは「アンリ頼みのチーム」だって言うイメージ払拭したかったんだけど。

それにしても序盤のピレスのプレーは光ってた。ある意味ピレスらしいプレーがアーセナルらしさを形作っていた。何かがふっきれたように感じた。もちろんCLで寸でのところでベスト8を逃した悔しさは忘れていないだろうけど。しかし後半はあまり目立たなくなって、後ろのクリシーがガンガンあがって来た。やっぱ若い子には叶わんなぁなんてちょっと思ってしまった(苦笑)

試合終了も近づき、ベルカンプの美しい弾道のFKやいつもの「巧みです。」なトラップからのシュート、そしてペナに流れてきたピレスからのリュングベリへのゴール前での絶妙なパスも得点にはならなかった。見せ場的にほんと盛り上がったんだけどな~。

で、ベスト4のお相手はブラックバーン。イギリス国内では既に決勝はアーセナルとマンUだと盛り上がっているようだけどブラックバーンだってあなどれない。

でもFA杯だけはきっちり確保させて欲しいもんです、こうなったらね。
[PR]
by chloe7513 | 2005-03-15 21:54 | Arsenal