舞台「戦国BASARA4」観ました

12月6日、藤田玲さんが出演した「戦国BASARA4」を観ました!

ここ10年くらい「テニスの王子様」のミュージカルがヒットしてからというもの
漫画やアニメ、ゲームなどを舞台化するという流れが活発になってきてるようですね。
(私は今まであまり知らなかったんですけれども)
玲さんにとって前回の「ペルソナ」に続いてゲームが原作の舞台。
招待制だった「赤毛のアン」の名古屋公演にはずれたため、
私が玲さんのファンになってから初めて観る舞台となりました。

チケットも早々にゲットし、嬉しい反面
ゲームの世界がさっぱりわからない私にとって
実際舞台を観るまで妙な不安があったんだよねぇ(^^;

ただ、いざ舞台が始まると俳優さんたちの激しい殺陣、
そして熱のこもった演技にすっかり引き込まれてしまいました。
戦国時代や戦国武将をモチーフにしながら
世界観も人物設定も衣装もかなり大胆にアレンジしてあったのですが
俳優さんが演じることで、そういったファンタジーの世界であっても
血が通ったものになるというか。

あと俳優の皆さん、みんな美声でびっくり。
ゲームでは声優さんが演じてるので
声も重要なんでしょうね。
声が変だとキャラクターのファンの人が
がっかりするかもしれませんもんねぇ。

玲さんの柴田勝家は史実の柴田勝家とはかけ離れた
内向的な感じの怪しげな美青年でした。
すっと立ってるだけで絵になるんですよねぇ~
ただずっと兜を被ってたので
遠くの席からでは表情がわかりずらくて、ちょっと残念でした。
ほんとプレオーダーでチケット買ったのに
席が舞台から遠くて残念でした;
双眼鏡は持って行きましたけどね。
ただこの演技を観て、新しい玲さんを発見し
またまたファンになってしまいましたね~(笑)

あと加藤慶祐さんの島左近(スタイル抜群!)や
山口大輔さんの伊達政宗(まさに伊達男)、
松村龍之介さんの真田幸村(めちゃめちゃ元気!)、が印象的でしたね。
玉置成美さんも女性ながら激しい殺陣を見事演じてまして、
すごいなぁと思いました。
お市を演じられる女優さんてなかなかいなさそうだと思うんだけど
たまたま東京公演が終わった頃に
玉置さんが中川翔子さんのラジオ番組に出てらしたのを聴いたのですが、
玉置さんは本業は歌手なんですね。
ダンスをやれてミュージカル経験もあって
ご本人はゲーム大好きとのことで、もちろん見た目もおきれいで、
よくこういう人を製作側は見つけたなとつくづく感心します。

あとラストの天野浩成さんの足利義輝がすごかったです!
額にものすごく汗をかいてらして
表情も真剣そのもので、双眼鏡で観てぞくっとしました。

あと私は元々舞台は小劇場系しか観たことがなかったので
大掛かりな舞台装置や演出は新鮮でしたね。
プロジェクション・マッピングは「ヒドミ」で体験済みですが(笑)
ラストは客席でスタンディングオーベーション!
これも初めての体験でした(^^;

セリフとかキャラクターの行動とか
ゲームをやらないので、一回観ただけではちょっとわからない部分がありました。
お金があったら2回くらい観たかったなぁ。。
今回の4で卒業する俳優さんもいましたしね。
また玲さんが次回の戦国BASARAに出演するなら
また観ようと思いました!
来月の「最遊記」も観ようか迷ってます。

まぁ、そんな訳で本来の自分の路線(?)としては
セドリック・クラピシュの久々の新作映画
「ニューヨークの巴里夫(パリジャン)」と
今話題のギヨーム・ブラックの「やさしい人」が気になってますっ。
いずれも仏映画だわねぇ。
トリュフォー特集は観に行けてないなぁ(^^;
「逃げ去る恋」もう一回観たかった~
[PR]
by chloe7513 | 2014-12-10 18:28 | play