そこのみにて光輝く 555

このGWに綾野剛主演の「そこのみにて光輝く」を観ました。

この映画の原作者佐藤泰志に興味を持ったのは今年に入ってから。
去年12月、新生KIRINJIのライブを大阪に観に行って
その時「進水式」という新曲を披露したんだけど
高樹さんが「海炭市叙景」という映画を観てインスパイアされて作られた曲とのこと。
それで1月になって「海炭市叙景」をレンタルで借りて観た次第。
音楽はジム・オルーク、出演した俳優陣は谷村美月、
加瀬亮、南果歩、小林薫などで見ごたえのある映画でした。

2010年に公開された時全然知らなかったけど
スクリーンで観たかったなぁと後悔。

で、「海炭市叙景」の原作者佐藤泰志のことを調べるうちに
彼の作品「そこのみにて光輝く」が映画化され綾野剛主演で4月に公開されると知って
原作も読み、公開されるのを楽しみにしてました。

「そこのみにて光輝く」の舞台は真夏の函館。
原作と綾野剛演じる主人公達夫は設定が異なる。
原作では造船所に勤めていて辞めた後の話だけど
映画では砕石場で働いてた設定になってる。
原作でも砕石場の話は出てくるんだけど
パズルのピースをうまくはめ直した脚本に感心。
達夫の人物像が原作よりはっきりした感じがする。

原作は80年代半ばが舞台だけど
映画は現代。
でも今だからこそ登場人物のぎりぎりの設定が生きてた気がする。

仕事で過ちを犯した達夫と
達夫の想い人となる池脇千鶴演じる千夏、
彼女の菅田将暉が演じる千夏の弟の拓児のが物語を織り成す。
特に千夏は家族を養うため懸命に働いてる姿は
今の女性の貧困問題に通じるものがある。
池脇千鶴の千夏は絶望的な世界にいながらも、
健康的な色気を湛えており
達夫、これなら惚れるわって感じがしましたね。
池脇千鶴はあまり原作のイメージではなかったけれど
今は池脇千鶴でよかったと思います。
拓児も原作のイメージより若い感じだけど
菅田将暉のはっちゃけ感、田舎のヤンキー感、
すごく純粋な姿がリアルでよかった。
フリーダ・カーロのような濃い眉毛とプリン状態のロン毛も印象的。

綾野剛は饒舌な役ではないけれど、
部屋で寝てたり、街をうろうろしてるだけで存在感があった。
後姿や歩き方とか。
独特の孤独感や悲哀が彼しか出せない気がする。
綾野剛ってほんとにこういう切ない役、はまりますねぇ。

綺麗事ではない、
むしろ目を背けたくなるような現実を背負いながら
千夏も拓児も達夫も誰かのために生きてる姿が美しい。

あまり映画って2回も観ないけど
これはもう一回観たい映画です。
c0071983_20512641.jpg


で、そんな綾野剛と今一押しの藤田玲さんの記念すべきデビュー作、
「仮面ライダー555」を観てしまいました~(^^;
観たのは藤田さんが最初に出た28話から最終回までなんだけど
正直内容にびっくり。
特撮meets大映ドラマみたいな。
これ、もし松村邦洋が観てたら巧や草加や啓太郎のモノマネ絶対してそう(笑)
草加役の村上幸平さんって松村雄基っぽいし。
あと話が「ロズウェル」や「カイルXY」などの海外ドラマのようだし、
「ビバヒル」みたいなスリリングな人間関係とか
スマートブレインの設定など、子供向け特撮とは思えなかったですね~
(ただしスマブレ、大企業なのにセキュリティ甘すぎと思ったのは私だけか?(苦笑))
でもこれだけ作り込んだ作品なので
出演した俳優陣が555に出たことを大切に思ってるのはすごく理解できますね。

そして藤田さんの役にびっくり!くるくるヘアに肩出しの衣装。
欧州の戦災孤児風??
ご本人もこの衣装やヘアメイクに抵抗あったらしいけど。
当時の藤田さんはまだ華奢で中性っぽくて可愛い。
でも当時からなんとも言えぬ色気を醸し出してます。
綾野剛も若いけど顔の感じは今と変わんないですね。
つばの曲がったキャップがすごく似合う。
綾野剛、555でもとっても切ない役でした・・・
c0071983_2053118.jpg


で、この2人はオルフェノクという怪人役なんだけど
結構同じ場面で共演してるし、なにかとおいしいです(笑)
お2人は当時共演してから交流もあったらしいけど、今はどうなんでしょうね?
ちなみに草加役の村上幸平さんは現在は藤田さんと同じ事務所に所属。
彼は「牙狼 MAKAISENKI」の第4話にもホラー役で出てますね。
(しかも第4話の脚本は555の井上敏樹さんが担当。)
ちなみに「そこのみ~」の菅田将暉は
「仮面ライダーW」の出身らしいですね。

そんな訳で555の魅力にもすっかり嵌ってしまった私です(^^;
もう一回最初から観なければ。

「風魔の小次郎」の記事でも書いたけど、
面白い特撮や深夜ドラマって人気俳優ありきじゃなく、
あくまで作品が主体であって
作品にあった俳優をオーディションで選んでるのが大きいと思う。
今のゴールデンタイムのドラマが面白くないのは
視聴率にこだわり、
大企業の広告塔でもある大手芸能事務所の人気俳優中心に作品を作ってるので
キャスティングがどこも似たり寄ったりになってるのも一因でしょうね。

深夜ドラマや特撮を観るにつけ、
いい俳優さんが日本にはたくさんいるので
もっとたくさんの人に知ってもらいたいなぁと思う今日この頃です。
c0071983_20533454.jpg

[PR]
by chloe7513 | 2014-05-08 21:06 | cinema