風魔の小次郎

今週NDの8巻発売とチャンピオンの連載再開があるんですが~
なぜだか「風魔の小次郎」のアニメにすっぽりはまってしまいました!

「夜叉編」、「聖剣戦争」、「風魔反乱編」全部観たけど面白かったっす。
子供の頃兄が「風魔の小次郎」をコミックス持ってて
読んだことは一応ありました。
ストーリーより登場人物をよく覚えてたって感じです。
(思えばうちの兄ってマサミストだったのね)
「夜叉編」で小次郎が姫子にデレデレするところや
「聖剣戦争」で小次郎が白霊山に死牙馬を探しに行くシーンで
白霊山の魔女がなぜかセーラー服姿だったとことかうっすら覚えてたな~

学ランに木刀を振り回すのが
妙に時代を感じさせたけど
観るうちになんだかだんだん慣れてしまい;
登場人物の男性陣は全編通して皆学ランなのがミソ。

声優は小次郎役は難波圭一さん。
この人ほんと、うまいですね~
ポセイドンもアフロディーテも全くキャラが違うのに演じ分けてる。
小次郎の熱血演技が素晴らしい。
小次郎の兄貴分竜魔は堀秀行さん。
一輝よりクールに演じてます。
堀秀行さんの竜魔、セクシーですごくいいですね。
竜魔は「風魔の小次郎」のキャラの中で一番好きなので
荒木さんのキャラデザと相まってもうほれぼれしてしまう(=^^=)
飛鳥武蔵の速水奨さんも素敵ですね。
子供の頃漫画で読んだ時は武蔵って好きになれなかったけど
妹思いの孤独な戦士って感じでいい味だしてますね。
霧風の飛田さんと項羽/小龍の中原さんはちょっと声が似てますね~
美形の伊達総司は今の声優さんなら
神谷浩史さんにやって欲しいと思っちゃいました(^^;

聖剣戦争編の7話~11話は荒木さんが作画監督で
素敵な作画が堪能できて幸せ(^^)
もう20年以上前に作られた作品なのに全く古さを感じませんねぇ。
7話の冒頭の爆破シーンは特に迫力があって素晴らしいと思います。
12話は作画監督が途中から違う人になるんですが。
12話はラスボスの華悪崇皇帝があっさり小次郎に負けてしまうのと
予算が足りなかったのか、最後の方が止め絵?になる場面があって
ちょっともったいないかなと・・・

13話も途中まで荒木さんが作画監督だけど、
途中で別の監督になり、やはり絵が変わる。
絵が変わってもお話自体は面白く気に入ってます。
劉邦、霧風、小龍が死んでしまい、ちょっと悲しいのですが
マインドコントロール合戦の設定が面白かったですね。
死紋はなかなかやり手のラスボスだったしね。

この前Ω観たら聖剣という設定が出てきてて
敵のアイガイオンが持ってる聖剣が雷光剣みたいだった。
こんなところで小次郎ネタが使われてたとはね・・・

そんな訳で原作コミックスもまた読みたくなりました。
続編の「風魔の小次郎 柳生暗殺帖」も気になりますね。
これは星矢の派生作品とは違って
作画は他の人だけど、ストーリーは車田先生が作ってるようで。
休載中なのは先生が星矢関係でお忙しいせいでしょうかね。

2007年には実写ドラマ化されてるようで
知った時はちょっとえ~ってな感じだったけど
アマゾンのカスタマーレビューや
ブログに感想を書いてる人には概ね好評みたいですね。
どこかに「イケメン木刀パラダイス」って書いてあったけど(笑)
動画サイトでもちょこっと観られますが
これはこれで面白いかもしれないと感じました。
お正月にDVD借りて一気に観ようかと考えます(^^;

「聖剣戦争編」のテーマソング、NIGHT HAWKSの「SHOUT」は
書き下ろしの曲ではないと思うけど疾走感が小次郎の雰囲気にぴったりですね☆


これは実写版↓

[PR]
by chloe7513 | 2013-12-03 18:20 | etc.