最近思うこと

2002年のW杯まで結構CDいっぱい買うし、ライブも行くし、楽器も弾くし自分の仕事以外の生活の中心は音楽だった。それが今は違ってきている。家にはスカパーを引いて海外のサッカーの試合を観、グランパスのホームの試合は休みなく行くようになり、ネットや現場でサッカーを語り合える友人、知人も出来た。

ライブによく行ってた頃は行くジャンルもバラバラだったせいかなかなか友達や知り合いなんてできなかった。仕事も音楽とは程遠い職業だし。CDショップやライブハウスで働いてる人以外とだとデザイン関係のお仕事してる人ってけっこう音楽好きな人多いよな。私は普通の事務屋だし(泣)一人雑誌のペンパル欄で知り合って長いこと交友のあったCDショップに勤める友達が居たくらいで、ライブは好みがあえば彼女と一緒に行くくらいだった。

ただ今思うと彼女はCDショップに勤めてるせいか音楽の情報が早くて私はそれについて行けないと思うことが度々あった。気になるミュージシャンの新譜が出ても金銭的にきついとなかなか買うこともできず、結局そのまま買わなかったり。もともと音楽ってパーソナルな趣味なので次から次へと情報を追いかけるのは、よほど音楽に関連した職業に就いてない限り必要のないことなのかもしれない。好きなときに好きな音楽を聴けばいい。サッカーを好きになってからよくそう思うようになった。ただ今はいろいろあってCDはほとんど買ってない。昔買ったCDを繰り返し聴いたり、ラジオを聴くくらい。金銭的に余裕が出ればまたいくつか買いたいものはあるし、ライブにも行きたいけど。フジロックとかまだ一度も行ってないしなぁ。

あと自分は昔から音楽をやってる人たちに非常に憧れがあって、ライブによく足を運んでいた時もそういった知り合いができないかと思っていたけど人付き合いが悪いのかそういった知り合いってできなかった。自分がバンドでもやってたらいっぱい出来たんだろうけど・・・。最近はライブ行ってないしね。ってやはり自分は昔憧れていたことを完全に忘れ去っていないんだなぁって実感する今日この頃でした。
c0071983_00323.jpg
画像は「あの頃ペニーレインと」。音楽やその周辺の人たち、そして主人公になんだか共感することの多い映画でした。
[PR]
by chloe7513 | 2005-05-07 23:46 | etc.