安い買い物

今年は春の訪れがなんとなく遅い気がしている。
それでも街中や電車の中ではもう春のコートやジャケットが目立つようになったので金欠気味の中買い物をした。

収入はけして多くないし、ひとり暮らしをしているためか、ハイブランドにはとんと縁がない。それでも服を買うのは好きなほう。最近は大体カットソーやブラウス、パンツは5千円以下、ジャケット類は1万円以下のものを買うことが多い。国内メーカーのものならばそれで十分かなと思う。会社では内勤だし(スーツをあまり着ない)、私服で働いてるので、すごいデザインや高級な服を着るのもあまり意味がないと思うし。でも収入がもっとあったら、もっといい服買っちゃうもんだろうか(苦笑)

よく美容院なんかに行くと自分くらいの年齢の女性ターゲットのファッション雑誌は猛烈に高級な服ばかり取り上げられていてちょっとひいてしまう。もちろんそういった服やバッグが買える人も世の中たくさんいるんだろうけどね。名古屋なら名のある企業で一般職でも正社員で、ちゃんとボーナスを貰え、なおかつ実家暮らしならばハイブランドの服やバッグにある程度投資はできる人ってわりといると思う。ま、類友なのかあまり自分の友達にはいませんが。

ついでに基礎化粧品も安いものを使っている。ちふれの美容液を塗って寝て、朝起きると肌の調子がよく、化粧のノリがいい。某口コミ化粧品サイトに「地味だけどいい仕事をする」と書かれていて納得。ただし会社ではお昼になると少し乾燥してしまう。これはファンデがあわないからなのかしらん?

安いものにも十分な「品質の良さ」を発見できるのはなんとなくお得な気分。まぁただ単に貧乏性と言われればそれまでなんだけど(笑)
[PR]
by chloe7513 | 2005-04-02 00:11 | etc.